• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2011/04/15(Fri)

チコリの「キオッジャ」:土栽培の収穫

4月5日。葉のえんじ色がだんだん黒っぽくなってきたチコリのキオッジャ。

でも、もうちょっと待ってみたら種袋の写真みたいに赤白のおめでたいカラーになってくれるかもんと思って、またもう少しこのまま待ってみることにしました。

しかしその後の変化はなく、どうやら葉っぱが開き始めて伸び上がろうという気配。こりゃいかん、花が咲きそう、早いこと収穫せねば。
というわけで、おとといの13日に3本全部を切りとり、洗って28㎝のボールにおしこんで水切り。

ぎゅう詰めだったかなあ。

上から見ると、一株はこんな大きさ。

どれも葉っぱはほとんど巻いていませんでした。

一番大きい株を横から見ると、

ホウレンソウの一束分ぐらいありそう。

内側の葉の中心部分。

赤いのが内側で、薄い黄緑色が外側です。

もそっと近くからご覧頂きましょう。

触るとふんわり柔らかいのでありました。

まずはお味見をというわけで、外側の葉っぱを千切って食べてみたら、
にが~~~っ!!!! ど、どうしよう?
だけど、まずいのではない。何かこの奥に味があるっていう感じなのだ。(希望的観測かもしれんのですが…)

つづいて、今度は内側の葉っぱを食べてみたら、これはほとんど苦味なし。なんていうか旨味のある味。柔らかくて厚みがあり、ちょっとスポンジみたいな弾力。つい何枚も千切って食べてしまう。外側の葉っぱでも根元の白いところは同じように美味しく食べられるのでした。うん、これならサラダでいけそうです。

その夜の夕食。

スープ皿にてんこもり。定食屋さんみたいです。色っぽくない盛りつけですが、お腹の満足度大。豪勢だなあ。

翌14日の朝も、さらに一株収穫してまたもやチコリサラダ。

中華粥用にと作っておいた3㎝もある大きいクルトンも飾り、もりもり食べましたとも。

こうして白い茎部分はおいしく堪能いたしましたが、残るは緑色部分の苦みのある大量の葉っぱ。

さて、これをどうしたもんやら?

苦い野菜といえばフキノトウ。「フキノトウの味噌炒め」というのがあったなあと思い出しました。フキノトウもチコリも同じキク科ですし、いけるかも。さっそくネット検索。
おおよその作り方は--------------------------------
1.洗う。
2.お湯に入れてゆでる。
3.水につける。
4.水気をよく切る。
5.フライパンに油を入れ、味噌・砂糖・お酒・みりんを加えて炒め、水分をとばす。
-------------------------------------------------
…とありました。これなら私にもなんとかできそうです。いざ「チコリ版味噌炒め」をめざせ!

4の茹でてから水気をきったところです。

巨大おにぎりができました。

炒めて出来上がり。

懐かしい味がします。ほろ苦。甘辛く、ご飯が進むくんですな。1週間くらいは日持ちするそうです。しめしめ、ながーく楽しめそう。

さて、これで全部のチコリを調理し終えたわけではないのでありまして、じつはまだ水耕栽培のものが3株温存してあるのです。チコリ祭りはまだまだ続くのでした。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : チコリ |  コメントアイコン Comment9  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • v-22これ、売ってないですよね・・デパ地下ならあるのかな・・でも高くて買えないなきっと・・・う~ん、食いてぇ・・・おっと、いかん(笑)

    ↓ソラマメ、こちらの子は芽がいくつもありませんでしたっけ?
    我が家はことごとく1本です

    今年はアブラーまみれになるのは遅い気がしますが

  • 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • はじめまして(*´ω`)ノ 

    はじめまして。「がぶち」というものです。
    いつもこっそりブログ読ませていただいてます(*´ω`)ノ

    実はキオッジャ(とプンタレッラ)、ともこさんがNaomiさんにおすそ分けされたものを、ずうずうしくも横流ししていただき、育てています( ´艸`)

    うちのコはここまで大きくなっていないのですが、外葉からチマチマ収穫したりしてともこさんのまねっこで酢味噌和えにして楽しんでます。
    コウサイタイと一緒に和えるとコウサイタイの甘みとキオッジャの苦味がちょうどよくておいしかった(*´Д`)=3ハァ・・・
    きゅうりも合います!

    先日はチャーハンにいれたらこれも程よい苦味がちょうどよく( ´艸`)
    プンタレッラはちょっと悲しい結果になってるのでリベンジを誓ってるところです。

    またレシピまねっこさせていただきたいので、これからも宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ

  • こんにちは。

    チコリ、実は私も去年いろんな種類を購入し育てようとしたんですがことごとくダメになりガックリしていました。
    私には育てられない・・いやっ、日本では無理かも・・・なんて勝手に思っていましたがブログ拝見して頑張る力・・メキメキと出てきました。再度、時期が来たら挑戦してみます。
    楽しみを作ってくださってありがとうございます。

  • おひさしぶりです

    ともこさんとこは、なにを育てても、大きく立派になりますねぇ!感嘆!

    味噌炒め、とっても美味しそうです。じゅるる~♪

  • 葉っぱさんへ:脇芽、あります。

    そうそう、売ってたら私も買って食べてみたいもんだと思います。だって、レストランでも食べたことないですし。どんな味のものか調べようがないですもんねえ。しかし、高かったら私も買えません。
    あ、そうだ。お高いのならうちで作って売ったりして。
    でも、きっとどなたも近寄らないでしょうね、こんな強面のお顔野菜だもの。
    葉っぱさ~ん、この次お会いするときには持参したいです。キモイとかおっしゃらないでくださいませね。

    > ↓ソラマメ、こちらの子は芽がいくつもありませんでしたっけ?
    > 我が家はことごとく1本です

    えっ!ことごとく、でしたか。うーん、これから暖かくなるので実がつきやすくなるんじゃないかと思うのですが。 葉っぱさんのおっしゃるとおり、私のところのものは脇芽が10本ぐらい出ているようです。そして、その1本に1個ぐらいの割合で実がついている感じでしょうか。
    それでも、このところの暖かさのせいか、上の方の花芽に実がつくようになりました。
    温度が助けてくれるのではないかと期待しております。葉っぱさんのところも、きっと!!!!

    > 今年はアブラーまみれになるのは遅い気がしますが

    そうそう、そう思います。アブラーはソラマメだけでなく他のチコリとかアブラナ科のつぼみ菜とかにも少ないようです。なんでかなあ? 冬の寒さが遅くまで続いて、アブラーの出陣が遅れているんでしょうか。
    おかげさまで楽しております。晴れの日が多いので水やり回数が多いのが、ちと難儀ではありますねえ。

  • みどりさんへ:チコリ党発足かも

    そうでしたか、みどりさんもチコリをお育てになっていたのですね。
    いろんな種類をおもちとのこと。いいですねえ♪
    チコリは種類が多いのだそうで、私も種屋さんのサイトを拝見するとわくわくします。
    あまり見かけない種ですし、どれが育てやすいのか、ベランダ栽培に合うのか、やってみないことにはわからず、私も手探りです。
    春にかけて小さい虫がたくさんついて往生しました。霧吹きで水をかけて洗い落としたりしています。
    また、ありがたいことにこの春はアブラムシが少ないのが幸いしたようにも思います。

    どれがうまい具合な方法なのか、私もためしていきたいなあと思ってます。
    みどりさんもチコリ栽培なさるのなら、私もうんと心強いであります!
    そうだ、日本にチコリをどっさり根付かせようではありませんか。
    あー、なんだか選挙演説みたいですね。
    みどりさん、こちらこそいろんなチコリの魅力教えてくださいませね。

  • yaefit1500さんへ:ああ、ステキお料理レシピ。

    yaefit1500さーん、お料理レシピ、助けてくださーい。
    私、お茶碗を洗うのは得意で大好きなんですけど、作るのは…泣きそうです。
    まして、チコリ。知らんのです、どんなもんだか。
    yaefit1500さんのチコリレシピ。待たれます。とっても待たれますっ。

  • がぶち様:こちらこそ はじめまして(*´ω`)ノ 

    なんとなんと、がぶちさんにお声をかけていただき、ありがとうございます。
    じつは、私もNaomiさんのところでがぶちさんブログのことを知り、こっそり拝見しておりました。

    「横流し」とのお話にワハハハハでございました。思わず「末端価格はいかほどで」などとアヤシイ言葉がうかんでしまったりして。

    おおっ、がぶちさんは外葉をつみとり収穫なさいましたか。
    なるほど、柔らかいうちにお召し上がりだから、きっと美味しいだろなあと想像しております。
    それにプラス、コウサイタイですか。いいなあ。美味しそうですねえ。きっっと、コウサイタイもチコリもつみとったばかりっていうのが美味しさのポイントでもあるんでしょうねえ。

    それから、チャーハンにきゅうりもですか。うんうん、なるほど。キオッジャは、あと一株だけありますのでぜひやってみよーっと♪

    苦味のある野菜の使い方っていろいろあるんですねえ。知らなかったです。なんだかうれしくなりました。
    こちらこそ、チコリの新しい世界が広がったみたいで、ルン♪な気持ちです。
    じつは、食べたこともないこんな変わりものの野菜を育ててしまったと、心細かったりしておりました。
    これからは、がぶちさんちに、教わりにいこーっと♪

Home Home | Top Top