園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花「フランネルフラワー」:本葉あらわる

種まきが2月26日。発芽が3月24日。それから1ヶ月半ほどにて本葉ご登場。(撮影:5/16)

やあやあです。やっとうぶ毛つきのそれらしい姿になったようで。

とはいえ、まだまだ小さいのでありました。直径8㎝くらいの鉢の中でこれですもん。

もっと小さい鉢でもよかったのですが、この土、ピートモスと鹿沼土ですが、とても乾きやすく、小さい鉢ではすぐ干上がってしまうので大きめにしました。これくらいだと数日水やりを忘れてもなんとかなるようです。
最初は6鉢あったけど、1鉢は途中で没。一鉢あれば充分なのですが、かような不測の事態にそなえなくっちゃというわけですねえ。(以前、踏んづけてしまった実績あり。)
それにしても、ゆっくりゆっくりな生長っぷり。道中は長いなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| フランネルフラワー | 17:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

我が家も(⌒-⌒)

本葉が出てまいりましたよー!たった2株ですが、死守しております(笑)
始めて育てるので「育ちが遅いなぁ?」と思っておりましたが、こんな感じなのですね。ほっと一安心。

ピートモスと鹿沼土ってことは、かなり酸性よりなんですねー。私、ちょっと遠慮しがちなpHかも。
ピートモスを少し足してみようかしら…。

| Naomi | 2011/05/26 19:13 | URL |

フランネルフラワー

わぁー、無事に発芽して本葉が出たんですね♡うらやましぃー

| yaefit1500 | 2011/05/26 22:16 | URL | ≫ EDIT

Naomi さんへ

おおっ、Naomi さんのところも本葉おでましでしたか。おめでどうございま~す。
しかも2株も。貴重な貴重な2株様にちがいありません。

土はフランネルフラワー「フェアリーホワイトの楽しみ方」というpdfファイルを参照。
http://www.g-agri.rd.pref.gifu.jp/breed/flower/pdf/FF_How2.pdf

これを見て、用土はピートモス(7割)と鹿沼土(3割)を混ぜたものにしました。
また、「p H 5以下の酸性の土」とも書いてありましたが、計測器がないので、うちのはどのくらいなのか不明です。なんかもう、私ったらこんなおおざっぱです。

私も、この花は野菜の苗と比べると生長がえらく遅いので気が遠くなりそうです。
それでもまあ、これからは梅雨入りだそうで、水やりの心配が少ないですし、虫もとくにつかなかったと思うので、あとはじーーーっとときがくるのを待っていればいいかなあと、自分に言い聞かせてます。
これじゃ、植えたことも忘れそうですが…。

| ともこ | 2011/05/29 18:02 | URL | ≫ EDIT

yaefit1500 さんへ

あのう、もしもこの株がもうちょっと大きくなってしっかりできたら、yaefit1500 さんにおすそわけできるといいなあと思ってます。(食べられる花じゃなくて、なんですが。)
しっかり大きく育つといいんですがねえ。そうだ。せめて、よーく言い聞かせてみます。
あ、何より、苗を踏まないようにしなくっちゃ、ですが。

| ともこ | 2011/05/29 18:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/369-8e4b3f92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT