園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雲南百薬(うんなんひゃくやく):どうやって食べようか?

これは、9日の収穫あれこれ。

左の小さい葉っぱがチコリのトリエステで、まん中がミニトマトのぺぺ。そして雲南百薬はまだ早いけど、今年初のお味見ということで2枚だけ取ってみました。

大きさは手のひらサイズ。


さあて、このメンツでいったいどんなお料理が浮かびますかねえ?

私にはどうにもこうにも思いつきませんで、食卓ですべてを合体。

塩を入れた湯で茹でた豚肉とチコリとミニトマトを雲南百薬で巻いて食べましたとさ。
だし醤油だのマヨネーズをつけてパクリ! うわはっは、うみゃい。雲南がぱりぱりいたします。すこーし苦味があるのは、チコリでしょうか。オトナ味ですな。
ああうれしやの、楽ちん食事でありました。しかし、こんな手抜きじゃ猛暑を乗り切れんかもです。(求む:雲南百薬レシピ)

さてさて、この雲南百薬ですが、背丈は180㎝ほどになり、上部は緑のカーテンの様相にだいぶ近づいてまいっております。


しかしながら、中間地帯にまいりますと、

葉の姿はまばらになり、

鉢付近にいたっては、
 
まだまだ空間が生じております。脇芽が鉢のある下から生えてくればいいのですが、なぜだか頂上付近に集中して発生するらしく、上ばかりが茂ってしまいがちなのであります。

そこで、脇芽を見つけしだい、せっせと下方面に誘導。

この芽の先端ふきんというのは、さわるととっても柔らかく、ぺたぺたとくっついてきて、まるで糊のような感触。

その性質を生かしておるんでしょうなあ、とんでもない奴が一本発生しておりました。

頂上付近から上にむかって脱走を試みている脇芽あり。壁の角をうまいぐあいに舐めるようにして這っていますがな。隣家におじゃましてはなんでございますので、適宜撤去せねばなりますまい。
それにしても、この旺盛なつる這い力にはびっくりです。もうちょっとこのまま見ていたい気もするなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| 雲南百薬 | 17:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

(ノ ̄□ ̄)ノオオオォォォォ!
雲南百薬ってオカワカメですよね?ちがいましたっけ?

生でも食べれるのですねぇ・・・
育てたことが無いので、食べ方はもちろん知りません( ゚д゚)

もう夏バテまっしぐら状態なので最近はブログ更新もサボってますが、人様のブログ巡回は続けてます(。-∀-)ニヒ♪

夏蒔きにむけて準備ができてなきゃいけない時期なのに、暑くてなーんもできてませんとも~(´_`。)

| がぶち | 2011/07/14 10:23 | URL |

がぶちさ~ん なんとか乗り切って~(^^)/

そうそう、がぶちさんのおっしゃるとおり、たしかオカワカメだったと思います。

生で食べるってのが、ちょっとすごいでしょ。だって、見た目、ポトスなんかと似てますもんね。アレをちぎって食べるだなんて…(毒じゃないのかあ? 苦くないのかあ? ぬるぬるしないのかあ? )。ですもんねえ。
生ですと、パリッとした軽い食感がおもしろいです。若干ぬるりとしているから、ワカメ風かもしれません。
お味噌汁などに入れると、緑色が黒っぽくなっていっそうワカメかな。

それにしても、がぶちさん、夏バテまっしぐらってのは心配ですねえ。
まあ、こんなに暑いですもん、なんぎですわ。
でもでも、ブログ巡回をなさっておられるというのはすごいです、うん、すごいっ!
私など、拝見タイムを作れていませんもん。
夏、夏、あつ、あつ、かき氷、水風呂、昼寝、いつの間にか夜、簡単ご飯、ごろ寝、気がついたら朝~の日々ですわあ。

| ともこ | 2011/07/14 18:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/399-94c341a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT