園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルッコラ・セルバチカ・エクストラ:四季おりおりの姿

この間まではルッコラに花が咲いたなあと思っていたら、いつの間にか草ぼうぼうの姿に。(種まきは7月初め。約3ヶ月経過。)


草の上へ上へとたどっていくと、まだ花が咲いています。

こうやって手で支えないと自力では立ち上がってはいられぬさま。そんなおいたわしい姿ゆえ、ふだんはフェンスに横たわっています。

そして、その長い茎咲き先をのぞいてみたら、種らしきものが。

まるで、ちいさなインゲンのよう。豆でも入っているのだろうか。でも、たしかルッコラの種は塵のような小さな小さな粒だったような気がするなあ。だから、一粒がこんなに大きくはないはずだが。このサヤの中はいったいどうなっているんだろう?

1本取って外皮を取りのぞいてみた。

ちっちゃっ! 豆粒みたいな種がちゃーんと入ってた。

ルッコラの種袋から取り出した種と、このサヤを並べてみる。大きさはどうだろう?

サヤの方がちょっと大きいかなあ。この緑色の赤ちゃん種が完熟し、乾燥したらだいたい同じくらいの大きさになるってことかも。どうやら、サヤって厚みがあるんだね。サヤごしだから種が大きく見えたってわけだ。なあるほど。

よーし。ルッコラは、もうしばらくこのままほっといて、枯葉色のサヤになったら頃に種とろーっと。

ところで、先のルッコラよりもあとから種まきしたものがこちらです、ただ今ふさふさ中。(種まきは8月初め。約2ヶ月経過。)

最初に植えたものと同じルッコラとは思えんほどに葉が大きい。栽培時期のちがいでしょうか。これなら、葉っぱ一枚でも満足気分上々であります。うひゃひゃ。

こうなると、また次の種まきをしたくなっちゃうなあ。
しかし、次の収穫頃はというと11月か12月。もしかして、タンポポみたいにロゼット型になっていたりして。うっ、固いかも。食べられるかなあ?

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| ルッコラとクレソン | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/447-4c6cd6ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT