• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2011/10/14(Fri)

ベランダあれこれ:秋の陣

イチゴは春にランナーを出すような気がしていたけれど、秋のいまごろにも動きだすんだなあ。

かなり太いランナーで、この2本のほかにもまだ数本お出ましになりそうな勢いです。そもそもこの株も春にランナーから増えた子株と孫株なので、ひ孫になっちゃうのでは。

それにしても丈夫な株です。去年食べたイチゴの種から育てておりますが、最初の頃よりもいっそう扱いやすい感じ。土なんて残り物のお下がり土。他の野菜と同じ濃さのハイポニカ液肥(500倍)をふりかけても、肥料焼けするふうでもなく。
これって、もしかしたら雑草化してるってことかしら?
果実の味も雑草味になったりして…。ひえっ!


カリフラワーの連山2号(ロマネスコ/種:Sunday, Sunny dayのNaomiさんより)は、ただ今育ち盛りのようで直径30㎝の鉢に植えかえましたが、それでも小さいのかなあ。ますます横幅が育ってしまっています。(私もですが)
まあ、すくすく元気なのでありがたや~、です。

こうしてみると、鉢の周辺の黒い土がもったいない気がしてなりません。ぐるりに二十日大根やミニキャロットを植えようかと思っているのですが、欲ばっちゃだめかしら?


横幅がおじゃまといえば、この甘とう美人も同じくでありましょう。

ベランダの奥行きいっぱいいっぱい。横切るときは枝を持ち上げて移動が必須です。
トウガラシってこんなにも大きくなるものだったとは。

いえね、これがあともう1本あるのです。こちらです。

しかも、実がなるのがまん中の枝なら扱いやすいのに、枝の先端にできるんもんだから、横はばったい枝を切るわけにもいかず。「剪定」ってやつをすべきなんだろうなあ。

ほらね、こうやって枝のさきっちょにもじゃもじゃとかたまって実がついていたりします。

なお、右下の実は激辛でしたわ。ひーひーゆうて食べるはめに…。

そして、本日の収穫。

甘とう美人は、しかしだんだん収穫が間遠になってきたようで。3日から4日に1度8個ぐらい(2株で)です。終わりっていつ頃かなあ。もうすぐ、だったりして。うっ…。

隣りのキュウリ(霜知らず/地這い)ですが、左端は水耕栽培。右の2本は土栽培。

水耕栽培って、太短い!肌合いもちがうみたいです。

トゲトゲが白くて、一つのトゲが大きい。バラになろうとしているのだろうか?
お味のちがいは、私にはわかりませんが、どちらも果肉がしっかり固めでガリモリガリモリと食べています。味があって美味しい。

最後に、葉ゴボウ(種:がぶちのべらんだのがぶちさんより)の本葉登場。

ちりちりっと縮れてるんですね。布地の縮緬みたい。ゴボウは初めて。たのしみだなあ~♪


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : ベランダ・室内風景 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • ハイポニカだけで丈夫に育ってくれるなんて、素敵ないちごです(* ̄。 ̄*)ウットリ
    私も、この冬に種取ってみたいなあ。
    先日買ってきた苗を水耕で育て始めました。
    ピンチのときは、どうぞご指導くださいませ<(_ _)>。

    唐辛子系って、根っこはペットボトルでも、すごく大きくなりますよね。
    場所がなくて出入り口においてるので、移動願わないとベランダにも出れません。
    でも働き者だから、追い出せないのです(^-^;

  • いずみさんへ

    丈夫だけがとりえのいちごになりそうな予感もいたしますが…。
    ともあれ、おかげさまで助けられております。

    いずみさんは水耕栽培でしたよね。みずみずしいいちごになりそうだなあ、(* ̄。 ̄*)ウットリ
    水耕栽培ですが、じつはじつは…、私、失敗の自信はバッチリ。トホホです。
    ですから、反対に、いずみさんにお教えいただかなくっちゃなのでした。
    どうかよろしくお願いいたしま~す<(_ _)>

    いずみさんのところの唐辛子もやはり大きいんでしたか。
    なるほど、根っこが大きいから株も大きくなるのですね。
    唐辛子は「働き者」ってお話に、うなうなと頷いております。ぴったりな表現だなあって。
    ほんと稼ぎ頭ですわあ。夏中ピーマンを買わずにすませることができましたもの。
    そんな働き物ですもん、追い出しちゃいかんですね、はいっ。横をすり抜ける私がスリムになればいいわけですからね。
    これが、なんともむずかしいですが…。

  • v-22え、甘党美人でも辛くなるんですか?油断できませんな
    それにしてもこの時期でこれだけ収穫があるとは、すばらしいです
    それにいつも思うのは、葉物とかも虫食いが少ないですよね・・・うちはいただいた種蒔いたけれど、やられてしまって・・・もう一度蒔きなおしかな?

  • 葉っぱさんへ

    そうなんです葉っぱさん。「辛とう不美人」が潜んでいるみたいですよ、ときどき。
    おそるおそるの、最初の一口。ところが、なぜか辛味は口に入れた最後の方で効いてくるみたいで、いつもあとから、
    ぎえええぇぇぇぇぇ…になってしまっております。

    甘とう美人ですが、夏にはたいしてとれず、秋の方が収量がいいようです。普通のシシトウは夏の方がとれるのかしら。なんとなく、残り物には福がある、じゃないけど、遅れ物には得がある、みたいな感じがしております。

    葉っぱさんのところは、美しいお花もいっぱいだから、ベランダにお越しになる虫ご一行様も大勢なんだろうなあ。
    きっと、植物が美味しいにちがいない。
    うちは、たぶん美味しくないのだと思います。だってにがーいチコリだらけですもん。

Home Home | Top Top