園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フランネルフラワー:花の大きさ

やれやれ、昨日と今日はお休みにてそうろう。ランララン。おかげさんで、暖かい時間帯に水やりができましたわあ。

なんせ、ここ青梅市、一昨日の朝6時台には1度だったとか。寒かったわけだなあ。車のフロントガラスが、がっちがちに凍ってましたもの。
というわけで、こんな寒さの中、フランネルフラワーをベランダにおいとくわけにはいきませんので、夕方には室内にとりこむようにしております。

種まき2/26から9ヶ月。だいぶ、しっかりした株になってきました。

鉢も7号(直径21㎝)。最終の大きさにしています。
茎がびろ~んと長く伸びて、それぞれあらぬ方向を向いてます。

そして、この時期が最も大きい花になるような気がしますなあ。

直径8㎝ほど。ビロードのようなうぶ毛がみっしり生えてます。
花数が増えると、これほど大きくはならんようです。なんでかなあ。限りある栄養だろうから、花がたくさんになると個々には回らなくなるんだろうか。不思議。
ますます寒くなるこれからも、ずーっと咲いている頼もしい花です。

【蛇足】
 先週末から持ち越している風邪ですが、その後もまだお元気にご活躍なさっております。とはいえ、まあフルコースの風邪のちょうどデザートのあたりにはきているようで、あとちょっと熱が下がって咳がとまればおしまいと思われます。

 そういえば、医者に患者が「風邪をひいた」と言ってはいけないというような話を聞いたことがありますなあ。風邪かどうかは医者が診断するんだそうで、みてもらう者は症状だけを伝えるようにするものだとか。

 ところで、私の知り合いに、おもしろい人がいて、風邪のときは「この町医者」といつも決めているお医者があるんですってさ。そして、お医者さんの前で「先生、私風邪です。風邪。これは絶対風邪です」といって、「風邪」であることを強くアピールし、いつもの風邪薬を処方してもらうと、ちゃーんとなおるんだそうな。
これが、うっかり先生にまかせて違う診断をしてもらうと、まったくとんでもない薬を処方されて失敗するらしい。なので、風邪以外のときは別の病院に行くそうです。

お医者にも得意分野とそうでないものがあるのかもしれませんね。上手におつきあいしているその人に感心してしまいます。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| フランネルフラワー | 16:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やっぱり素敵~!!

良いですねぇ((((*´ー`) やっぱこれは
ライフワークだわっ(笑)
昨日まで、あまりにも暖かかったもんだから、種まきを見合わせていたのですが、
今日から急にこんな寒さ(T_T)
これは、ともこさんのお教えどおり、2月から播いたほうが良いのかなぁ??と、悩んでおります。
慎重になり過ぎるのも、あんまり良くない気もするんですけどねぇ (^-^;

そうそう、私の風邪もね、中々「スッキリ!サッパリ!」とは行かないようで…。
そういう流行りなんでしょうかねぇ。
お互い、無理しないようにしましょうね~♪

| Naomi | 2011/12/01 22:18 | URL |

Naomiさんへ

咲いた花が長持ちするといいますか、1ヶ月ほども咲いており、なかなか種がとれません。
でももうちょっとで、種がとれそうなのがあります。しばしお待ちくださいましね。
採種しましたら、お届けいたしますので~♪

私もNaomiさんのまねをして、秋の種まきを試みようとしたのですが、急な寒さでどうしたもんだか、と。
まあ、せっかくだからおためしに、数粒、やってみましょうかね。

おや、Naomiさんもゆっくりご滞在の風邪さんでしたか。
なーんかねえ、おつきあいが長くなって、風邪さんとも親友になっちゃいそうだですわあ。

| ともこ | 2011/12/08 20:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/477-c49173fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT