• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2011/12/30(Fri)

つぼみっ娘とつぼみ菜と黒キャベツ:みんなアブラナ科

ぶるぶるっ。お寒うございます。鼻水がでますなあ。

はて、この寒さの中、とうだちした花芽(茎とその上についた花)を食べるつぼみ菜とつぼみっ娘(こ)を植えているんですが、どんなもんでございましょう。

こちら、つぼみ菜です。


真ん中から花茎が立ち上がってくるはずなんだけど、今は音沙汰無し。葉っぱばかりだと、ダイコンに見えてしまうなあ。このつぼみ菜ですが、「三陸つぼみ菜」というのが種袋にあった名前でした。わざわざ「三陸」とついているぐらいですから、寒さには強いってことでしょうかねえ。ありがたいなあ。
そうそう、ヒヨドリの真冬の餌食にされます。好物なんだろうか。要注意。

こちらが、つぼみ娘。がぶちのべらんだのがぶちさんからいただいた種です。7号の鉢植え。

びろーんと葉が広がってきました。この鉢じゃ小さかったかも。

同じくつぼみっ娘で、プランター植えのもの。

つぼみっ娘はどうも大きくなるタイプのようで、上の65㎝長さのプランターを一株で占領しそうな勢い。どんなふうになるんだろうなあ。お初栽培なのでとっても楽しみ。

お初といえば、こちらも初めて種まきした黒キャベツ(カーボロネロ)。はっぱの笑子らいふの葉っぱさんからいただいた種なんでございます。

茎のあたりが間延びしています。なーんか徒長した感じがいたしますなあ。だいじょうぶなんだろうか。

もう一株は、ちょっとましかも。

10月の始め頃に種まきしたので、遅かったかもしれません。
それでも、なんとなく葉が黒っぽくなってきた感じがするような、せんような。

どんなふうに育ってくれる植物だったかと調べてみましたら、結球しない葉キャベツだそうです。
種を販売するサイトの記述に、「ビタミン・ミネラル等豊富で、オリーブオイルとの相性も抜群、炒め物、スープ等トスカーナ料理には欠かせない高級食材。」とありました。
「トスカーナ料理」って、どんなんだろうなあ?
「高級食材」ということは、栽培が難しいんだろうか? 
ちょいと不安になってきすなあ。だいじょうぶかい。

まあ、肥料好きな植物だということですので、せっせと液肥を流し込んでみるとしましょう。どうか、ぶわーっと茂ってくださいませよ~。

【ちょこっと】
北へ帰る人あり、西へも帰る人あり。年の瀬ですねえ。
私は、明日京都にまいります。相方の実家で、おとうさんと年越しなのでありました。
帰宅は元日。遅くなりますが、それからお年賀の記事をかくことになるかなあと。
ん? お餅も買ってないし、数の子もなし。お正月セットの用意もまだなんですけど…。
まあ、いいかあ。あとは帰ってきてからで。
今年は、いや、今年も、いっぱいお世話になりっぱしの年でした。

どうぞ、あったかいお年を! m(_ _)m

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : つぼみ菜 |  コメントアイコン Comment9  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 良いお年をお迎えください。

    私も黒キャベツは育ててるんですが、
    細ーい葉っぱばかりで、
    収穫時がさっぱりわかりません(笑)

    ともこさんちは、連山も元気いっぱいですねぇ!
    きっと来年も、わっさわさーのぴっちぴちーな野菜たちとお過ごしになられるんでしょう、記事も楽しみにしていますよ (⌒-⌒)

    今年は本当に、いろいろとありがとうございました。
    来年は、ともこさん、そしてご家族のみなさまにとって、明るい素敵な年でありますように!

    来年もどうぞ、ヨロシクね~!!

  • いつも見ています  

    来年も楽しみにしています!

  • v-22昨年はお世話になりました
    んで、今年もどうぞよろしくお願いいたします

    黒キャベツ、一つはなかなかですよね
    もう一つは弱々しいですが・・・
    これ、そんなに料理法悩まなくても大丈夫みたいでした
    普通に炒めてもおいしかったんで、少し歯ごたえがあるかなってくらいで、むしろそれが気に入りました

  • 管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • いつも上手に育てていらしゃって感心します。

    私も、今年は去年から育てているロマネスクやっと
    収穫間近となりました。
    取っても楽しみですが大きい葉っぱに困っていることも事実です(笑)

    今年も宜しくお願いいたします。

  • Naomi さんへ

    あ、Naomiさんのところも黒キャベツ細ーい葉っぱでしたか。よかった、ひとりぽっちじゃないんだ。わあい♪

    収穫時期、ほんとどうなんでしょうねえ。葉の数で決めるのかなあと思ったり。
    そのうち、春になったらきれいな花も咲いてくれるかもしれないと楽しみにしているところです。

    そうそう、連山の収穫時期にも迷ってます。もうちょっと、あとちょっとと思ってるうちに、これもお花見しちゃったりして…。

    Naomiさんにいただいた「明るい素敵な年」ってお言葉に、じわ~んとしております。
    そうそう、このフレーズだよなあ新年は、との思いでいっぱいです。

    こちらこそ、今年もヨロシクで~す!!

  • kenji 様へ

    kenji 様、はじめまして!

    コメントをいただき、ありがとうございます。
    kenji 様のブログ「ケンジ市民ネットワーク」にうかがいましたらば、俳句と短歌、お写真がいっぱい。にやっとしちゃいます。暮らしのおりおりの香りがして、うれしくなりました。
    これは、じわじわとゆっくり拝見させていただかなくてはと思ったしだいです。

    お声をかけていただき、ありがとうございます。
    おりおりの香りがして、うれしくなります。
    kenji 様は、沖縄ご出身とのこと。私など岩手県出身なので、あったかいところってだけで、もうすでにほわっといたします。たのしみであります。

    こちらこそ、どうぞどうぞよろしくお願いいたします!

  • みどりさんへ

    まあ、みどりさんのところのロマネスコはいよいよ収穫ですか!
    わあ、どんなだろう。

    そうそう、あの葉っぱはたしかにデカイです。本体と比べますと、そうとうなものがありますね。
    あのうっそうとした葉っぱを見ると、ブロッコリーの方が後からいくつも小さい花蕾がでてくる分、効率がいいよなあと、思いますもん。ロマネスコは、一株にたった一個。それだけに貴重な貴重な一個です。

    みどりさん、あの甘く美味しいロマネスコをお先にどうぞご堪能なさいませね。
    私もあとから、いただきまーす、ってしたいです。

    なお、葉っぱは去年ゆでて食べてみましたが、本体ほどのおいしさはないような気がいたしました。
    茎は外側を厚めにむいたら、美味しくいただけました。可食部分が増えた感じでうれしかったです。

    ご挨拶がすっかり遅くなりましてすみません。
    こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 葉っぱさんへ

    黒キャベツの葉をネットで初めて拝見したときは、ごわっとした感触の固いものかと思ってました。
    でも、ちがってたんですね。ちりめんの布のように柔らかなのでびっくり。ポコポコとしたさわり心地もたのしんでます。

    そうですか、普通に炒め物なんかにするといいんですね。
    うん、それなら私にも調理できそうです。よかったあ。

    それにしても、葉っぱさんのところの黒キャベツは立派。大きかったですねえ。
    葉っぱさんがしっかり作られた土だからだろうなあ。
    うちのは、ハイポニカの液肥をちょろっとかけるだけです。どばーっとかけたら、少しはましになるかしら(笑)

    とにかく、お日様にだけはよくあてるようにしてみます。
    炒め物にしたら、小皿にちょびっとになりそうだけど、お初物ですもん、食べてみたい! たのしみ~♪
    葉っぱさん、ありがと。

Home Home | Top Top