園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

空芯菜「なつサラダ」:水耕栽培でまいります

これはスポンジへの種まきシーンです。

紙の四方を折って作った簡単なお皿に種を取り出し、竹串の先端に水をちょいとつけてスポンジに移動させています。ときどきおっことして泣きますが。
小さい種はこれでわりあいうまくいくのですが、種が大きいとスポンジに根を張れなくてもがいてしまうようです。

しかしたとえば、この空芯菜の「なつサラダ」なんぞは、種がこんなに大きい!

スポンジ発芽の限界をとおに超えていそうです。そこで、お茶パックにバーミキュライトを入れて種をまくことにしました。空芯菜は発芽温度が24度とか書いてありましたので、上からラップをかぶせて待つことにします。室温はだいたい23度前後なので、これでなんとかなるかなあと。(撮影:4/21)

その5日後の4/26、無事発芽。

とはいえ、じつは1パックに2粒植えたので、発芽率は半分だけだったみたいです。
温度が足りなかったのかもしれません。種袋には温度が足りないと極端に発芽率が悪くなる、てなことが書いてありましたものねえ。

そうそう、いずみのベランダ水耕覚え書きのいずみさんより、よい方法をお教えいただきました。「…種がガンコなので、いつも水に漬けてから蒔いてます」ですって。
いずみさんは、去年このエンサイ(空芯菜)をお試し栽培し、今年は量を増やして栽培なさるんだそうです。
よしっ、第二弾の種まきにはいずみさんのまねをさせていただきましょーっと。


そして、ジャジャーン、Vサインの双葉登場!(撮影:5/3)

どうやら、この調子でなんとかいけそうかも。第二弾の種まきしなくっちゃあ。いそいそ…。


ところで、水耕栽培の溶液ですが、この4月から「大塚ハウス1号・2号・5号」というのを使用しています。去年、すくすく水耕栽培のyaefit1500さんから頂戴したお品です。

いただいたのは粉状のもので、まず最初にこの粉を所定の分量の水に溶かします。
1号を2リットルの水に。2号も2リットルの水に。5号は500ミリリットルの水に。
そうしてできたのがこちらでありまして。(すでに使用しているので内容量はへってます。)

実際に使うときは、まず2リットルのからのペットボトルに水をみたし、その中に、写真の1号の液を10cc、2号の液を10cc、5号の液を3cc。それぞれをはかりとって混ぜて使います。
ふーっ、これがなかなかノーミソを使います。算数のお勉強が苦手な私。アンチエイジングでもありますなあ。がんばろう。

 さて、この大塚ハウスを使うことだけでも画期的な私でありますが、さらに進歩したのは「注射器」なのです。今まで、ハイポニカ液肥を使っており、そのときは液肥のキャップで計るという、じつにおおざっぱな計量でありまして。
それが、注射器購入という精密高級新時代に突入。しかもこの注射器には長めのビニール管がついているので、ペットボトルの底に残った液肥まで吸い取れるという優れもの。ね、なかなかのもんでしょ。

 ところが、大失敗が二つ。
一つは、注射器の大きさ。せいぜい10ccぐらいしか計らないのに60ccまでも吸い取れるでかいやつなの。むだにデカイ。お値段高いじゃん。
まあ、それというのもビニール管が接続できるからというわけなんですけどね。

そして失敗の二つめ。
液肥をペットボトルから吸い取るとき、ビニール管にたまっているぶんの液肥はいったいどうやって勘定したらいいんでしょう? という問題なんです。
吸い取るときに、必ず管のなかに残っちゃいますのさ、液肥が。

ビニール管じゃなくて細い針にしておけば、こんなことにはならなかったはずです。
あ~あ、とんだお笑い草でございましたあ。わはは~、です。

とりあえず、今は管の中に残った液肥も含めた分量で使用中。
しかし、これじゃあ正確さに欠けますなあ。要検討、であります、はい。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| 空芯菜(クウシンサイ) | 20:18 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/05/04 20:45 | |

(・m・ )クスッ

10ccを計りたいなら、15cc吸い取って目盛りの10cc分だけ使えばいかがでしょうか。
私も注射器愛用者で、そうやって使ってます(^^)

| FOX | 2012/05/05 12:09 | URL | ≫ EDIT

FOX さんへ

おおお~~~っ、感動!!!
なんて科学的なんだろう、FOXさんのその計量法。お見事!
そうであったか。余分に吸い取っておいて必要量だけ注射器から押し出せばいいなんて。
おかげさまで、人生のためになる貴重な引き算のお勉強をさせていただきました。ありがとうございます。

ところで、おっちょこちょいの私。
いただいたFOXさんのコメントの「私も注射器愛用者で」のところだけピックアップして読んでしまいました。
ドキッ! その筋の世界のお話かしら、と、しょうもない想像をしてしまいました。すみません(笑)

| ともこ | 2012/05/07 20:45 | URL | ≫ EDIT

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

その筋のって・・・糖尿病患者ってことかしら(笑)

でも、確かに、その部分だけ読むと危ない表現でしたね(≧m≦)ぷっ!

| FOX | 2012/05/09 09:17 | URL |

FOX さんへ

またまたFOXさんのたのしいご発言。私はにまにましちゃうのでした。いいなあ~ o(〃^▽^〃)oあははっ♪

| ともこ | 2012/05/18 00:47 | URL | ≫ EDIT

いまさらですが・・・

使い始めていらっしゃったんですね!
(ほんと、いまさらですが・・・)

使い心地はいかがですか?
わたしは、黄色い1号を、毎度シャカシャカ振ってます。笑

| yaefit1500 | 2012/07/07 11:15 | URL | ≫ EDIT

yaefit1500 さんへ

はいっ、もう使い心地はとても快適です。注射器を使うので看護師さんごっこみたいで楽しいから~♪なんちゃってね。

わっ、しまった、シャカシャカ振ってませんでした。
そういえば、容器の下の方にオリのようなものが沈殿しておりましたわ。
ひえーっ、私ったらいかんです。栄養たっぷりの良い液肥も正しく使わなくっちゃだわ。
yaefit1500 さん、お教えいただきありがとうございます。
また、きっと何か見落としているわたくしにちがいありません。
今後とも、どうか添削をおねがいもうしまーす(笑い)

| ともこ | 2012/07/11 11:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/520-884dcb54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT