• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2012/06/08(Fri)

初めて栽培「ズッキーニ」:なぞの初物

このあいだ雌花だけが咲いて雄花は咲かず、どうしたもんかと思っていたその初めての雌花のその後がこちらです。
6/4。右下でうつむいているのが、くだんの雌花。

この日はようやく雄花も咲いてくれましたが、今頃咲いてもらってもねえ。もう手遅れでしょう。

あ~あ、この雌花、むなしくこのまま朽ちてしまうんだろか。

一応計測しときますかね。全長12㎝くらいでしょうか。けっこうでかいなあ。雌花ってこんなに大きいものなのかなあ。


それから2日後(6/6)。このままほったらかしにしておいても傷んでしまうだろうからと収穫することにしました。

ふと、ものさしをあてがってみたら、12㎝だったのが15㎝になってる!
ゲッ、雄花がなかったんだから受粉してないはずなのに、なんで大きくなっちゃうのさ?
ひょっとして、ハチでも飛んできて、うまいこと受粉できたんだろうか?
それとも、受粉できていなくても少しは大きくなるものなんだろか?
それともそれとも、まさかの突然変異?
いやはや不思議なことがあるもんですなあ。

まあなんであれ、うれしいお初物でござます。食べまっせ。
チョキンと切った切り口をご覧あれ。

右の花芽がついていたところが、少しばかりくぼんでますわ。これが受粉した果実かどうかの証拠になるものやらなんやら。わかりませ~ん。
いいのいいの、なんだって。食べられるんだもの。

オリーブオイルで炒めて塩ふって。

さくさくっと食べちゃいましたとさ。美味しいわあ、この歯触り。

種をくださったのは、イタリアのけちょさん。種まき(4/15)から1ヶ月と20日ほどのち。無事にお初物いただきましたあ。ありがとうございます。ううっ、うれしいです。

ん? 種まきから約50日でもう収穫なの、ズッキーニって。なんて生長の早い植物なんだろう。ひゃー、です。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : ズッキーニ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • わぁ、良いなぁ!もう収穫ですかー!
    ワタシの水耕ズッキーニは、
    最初の雌花は朽ち果ててしまい…(笑)残念ながら、未だ雄花ばっかりです。(^-^;

    でも、ともこさんとこの株の大きさを見ると、我が家のズッキーニは、まだまだ着果したくない大きさなのかも。大きいよねぇ!?これ。
    もうちょっと、暖かく見守ろうかな。r(^ω^*)))

    P.S.フランネルフラワー、
    なかなか上手くいかないワタシに神様のお恵みか、
    園芸屋で花の終わりかけの鉢がお安くなっておりまして。
    ええ、もう種狙いで買ってしまいました。(爆)
    またやります。上手くいくまで、何度でもーーー!!

  • ズッキーニも、キュウリほどではないけれど単為結果性があるらしいので、たまに受粉できていたりするそうです。
    受粉できていないと、ここまで太くならないと思うのですが・・・。
    我が家の失敗ちゃんは親指の太さもありませんでしたぜっ。

  • Naomi さんへ

    はい。Naomiさんのご推察どおりでありまして、じつに大きなナリに育っております。
    これが標準かどうか大きすぎなのか、よくわからんのですが。

    ブログにてNaomiさんのズッキーニを拝見しましたらば、小さめの実のズッキーニになる株ということもあるんでしょうね、
    とても上品な株に育っていらっしゃるみたいだったなあ。
    種類が違うと葉の色も違うのだなあと思ったり。

    今更ですが、水耕ズッキーニという選択肢もいいなあと思いました。
    だって、うちのは株に対して鉢(直径24㎝/8号/菊鉢)が小さいのでした。そのうち弊害がでてくるにちがいないとひやひやもんです。
    その点、水耕なら株がもしも大きくなっても対応しやすいだろうなあと思うのです。
    まあ、小ぶりの鉢でどこまで育つか、というのもお楽しみってことでいいかなあと。
    (植えかえするのをおおちゃくしてるだけだったりして…。わはは)

    着果って、ほんと、いつどうやって決まるんでしょうねえ。
    じつは、うちのマンションの花壇にも一株だけ同じ種のズッキーニを植えていますが、これがなかなか着果せんのです。
    我が家より大きな鉢に植えて、蜂も飛びかい、日差しもいっぱいあたるんだけどなあ。
    ん? そういえば、たしかにこの株も小さめでした。
    ということは、Naomiさんのおっしゃるようにいずれ株が大きくなったらきっとうまくいくようになるんじゃないかなあ。
    うん、そうだそうだ。私も、楽しみにしてよーっと♪ ありがとうございます、Naomiさん。

    ********
    おおっ、フランネルフラワーをお求めになられたのですか。
    しかもお安いのがお手元に。それはそれは何よりでした。
    いいなあ。私も物色しよーっと。
    さっそくくお花も楽しめますね。もじょもじょ花びらを触っていらっしゃるのでは。
    新しい株で、新しい種ですもん、きっとむくむくと大きくお育ちになることでしょう。

    私も、また来春は新たに仕切り直しせにゃ。
    いやまず、苗を見つけるとこからだわあ(笑)

  • FOX さんへ

    なんと、ズッキーニにも「単為結果」があるのでしたか!
    いやあFOXさん、詳しくお調べいただきありがとうございます。
    おかげさまで人生の謎がとけましたわ(笑)

    単為結果では種は育たないけれど、育てて食べる者からすると、実が大きくなるのはありがたい現象です。
    これなら早起きして受粉作業をしなくても安心ですもん。
    でも、キュウリほどには頻度が多くはないのでしょうね。やっぱり確実にするには、早起きはしなくっちゃ、かな。

    あのう、その「失敗ちゃん」ですが、うちでもどうやら何本かできてしまいました。
    FOX さんのおっしゃるとおり、ぴったんこ。「親指ほどの太さ」もなかったです (^^;)ちっさ!

    雌花っていつ咲くんだか。もう朝5時に起きたときにはひしゃげているような案配で。
    一方、雄花ときたら時間かまわず昼でも夕方でも咲くときは咲いてるし。
    どうして一緒に咲いてくれんのかなあ、とぼやいてしまいます。

    ああ、こうして雄花雌花の攻防はずっとつづくのであった。
    人生って、ままならんもんなんですね。「FOXさあ~~ん(^^)/」と、夜空に向かって叫びたい気持ちです。

Home Home | Top Top