• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2012/08/28(Tue)

初めて栽培「内藤トウガラシ」:角あらわる

 はっぱの笑子(えこ)らいふの葉っぱさんからいただいた種、「内藤トウガラシ」。なんでも江戸時代から東京周辺で栽培されていた品種のものだとか。ここ青梅市でもうまいこと育ってくれるとうれしいのですが、いかがなるや。
 各地のブログ記事を拝見しまするに、自前で栽培したトウガラシは格別に美味しいとか。美味しい辛さってどんなかなあとワクワクしています。

 して、そのトウガラシ栽培ですが、アブラムシとの格闘の日々でございまして。(撮影:8/5)

ぎっしりと並んで生息しているありさま。近影ではお見せしたくない光景であります。

それでも花が咲いてくれました。(撮影:8/5)


実もできました。(撮影:8/16)

アブラムシも依然元気もりもり。そんなに旨いのかい?

本日、8/28。背丈はさして大きくなっていないみたい。25㎝くらいでしょうか。

内藤トウガラシの特徴について、ネットには「葉が大きくて葉トウガラシとしても利用できる」との記述がありましたが、うちのは葉も小ぶりだなあ、たぶん。

それでも真ん中に、実が天を向いてつんつんつん。

色づいたら、緑の中に赤。なかなかの見物だわあ。
まず最初の収穫の2本はスパゲティーのペペロンチーノに。その次は焼き肉のたれに、それからきんぴらゴボウでしょ、白菜漬けでしょ、唐辛子味噌とかいうのもあるらしいし。
それみーんなこの一株でまかなえますように。どうかよろしくーっ!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : トウガラシ |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • わあ、まだまだこれからですね。
    青とうがらしは今だけだし、かなり美味しいので、野菜炒めやチャーハンの隠し味などに試してみてください。
    私はペペロンチーノにも使っています。
    モノによっては、赤並みに辛いのでご注意ですが(^-^;。

  • おお!すごい!発芽したんですね〜!
    私は結局、4回播いて1度も発芽せず。(^-^;
    気温が大事かしら?と、夏に入ってからも播いてみたんですが…ダメでした(TωT)

    かつての新宿の名産品ですから、まさに江戸野菜ですね♪
    沢山収穫できると良いですねぇ!
    「唐辛子、買わなくて済むの、ウチは」ってのが目標でしょう、やっぱ。( ̄ー ̄)ニヤリ

  • いずみ さんへ

    わーい、青とうがらしのうちに、もう食べられるんですね。
    なるほど、野菜炒め、チャーハン、そして、ペペロンチーノ(←大好きです)にも♪
    いやあ、トウガラシって使用範囲がこんなにも広いとは知りませんでした。
    私、とうがらし文化圏(そんなもんがあるのかどうかわかりませんが)で育ってなかったせいかなあ。
    じつは、どうやって食べるもんだか状態なのです。

    ぜひぜひやってみます。いずみさんのおかげで、とうがらし味の魅力に目覚めそう。
    そうそう、あまりに辛すぎて、それこそ、目、覚めちゃう((= ̄□ ̄=;))アチチ…かもですが。

  • Naomi さんへ

    私も、何度が種蒔きして、たしか3株以上はあったと思うのに、一番育ちの遅かったこの一株だけが生き残ったしだいです。

    種蒔き時期ですが、今古い記録を調べたら、蒔いたのはたぶん5月初め頃で、21日には双葉と本葉がちょろっと出ていたようです。↓この記事の真ん中あたりの赤いポットが唐辛子です。
    http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/blog-entry-543.html
    発芽の芽も小さかったみたい。

    うーむ、江戸野菜。幻の野菜、みたいな感じなんですね。
    めったに発芽しない野菜だもの、だいじにしなくっちゃです。

    ぶふふっ、Naomiさんに同じく私も「唐辛子、買わなくて済むの、ウチは」といってみたいです。
    しかし、内藤唐辛子を育てるのもなかなかむずかしいわけだし。そんな貴重な野菜だとなると使うのも緊張しそうだなあ。
    まてよ、通常1株で何個とれるんだろう…。

    そういえば、今も一袋数個しか入ってない買ったやつを食べてます。
    こりゃあ、一年は食べずに保存して翌年収穫してから食べる、とかでないといえないセリフのような気がいたします。なんかまるで素麺みたい(笑)

  • 内藤とうがらしの播種

    四谷で内藤とうがらしをプランターで育てています。種を直接播くと発芽率が悪いので、まず水で湿らせたティッシュに種を播き、種から根がでる頃に育苗ポットに播いて薄く土をかけてください。気温が低いと発芽しにくいので5月頃ですね。

  • 金ちゃんさんへ

    わあ、種まきの仕方をお教えいただきありがとうございます。
    なるほど、ティッシュが活躍するんですね。清潔で充分な湿度が確保できそうだなあと思いました。
    来年は私も5月にまねさせていただきます。そのためにも種をとらなくっちゃ、ですが。(まだ収穫もしてないのにですが。)

    それにしても、金ちゃんさんはプランターで育てておられるとのこと。とっても心強いです。私は小さい鉢ですし、栽培は初めてで、これでいいのかなあと思いつつおります。内藤とうがらしは貴重な品種でもありますし、うまいこと育ったらそりゃあもうほくほくであります。
    どうぞ、ぜひまたお教えいただけましたらうれしいです。

Home Home | Top Top