園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バジルとシソ:季節外れの栽培

 秋にもバジルやシソが食べられたらいいなあと思って、ためしに種まきしてみたのが10月の末でした。

バジル(パープルバジル)が無事発芽。水耕栽培です。(撮影:10/21


シソもおなじく発芽。これまた水耕栽培です。(10/21)


11/12。バジルは、プラコップのふちぐらいまできましたねえ。(11/12)


11/18。ふちこえました!



 一方、シソの方はといいますと。(撮影:11/18)

まあだコップの底の方に滞在中なんだなあこれが。

10日(11/24)たって、ようやく真ん中の葉っぱがちょいと大きくなったってとこ。


プラコップにいれずにお茶パックのままのこちらの株もにたようなもんみたい。

シソは温度変化に敏感なんでしょうかねえ。
そういえば、このシソの種は、脳天気な我が家のFOXさんよりいただいたスプラウト用の種でした。もしかしたらスプラウト用って大きくなりにくい品種だったりするのかも?
さては、欲ばって普通サイズにして食べようというもくろみを読まれたか?
まあなんです。ゆっくりでも育ってはおりますんで、鳴くまで待とうホトトギス、してましょうかね。

 バジルはその後もすくすくです。11/28。プラコップからはみ出しました。

ところで、どれもパープルバジルのはずなんだけど、なぜか黄緑色やらまだら色のもあります。

黄緑色の株の葉っぱを裏返してみると。

やや紫色がかってました。いちおうパープルの種類ではあるぞ、ということでしょうか。葉の色はなにによって決まるのかなあ。不思議。

 なお、栽培環境ですが、朝は5時が6時にはベランダにだして、夜7時までには室内にとりこんでいます。外気温は今は、最低が0度~5度、最高が10度前後でしょうか。
さて、いつまでこの体制をたもてますやら。液肥の凍結がコワイです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| シソとバジルとパセリ | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/590-987ed7d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT