園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水耕栽培のシソとバジル:なんとか生長中

 冬にも収穫してみたいと始めたシソの水耕栽培。種まきは去年の10月末頃だったと思います。あれから2ヶ月あまり。ようやくそれらしい葉っぱが出そろってきました。

しかし、なにやら葉っぱがたれさがってますな。

ちーとばかり大きくなりすぎたんでしょうか。幅15センチメートルくらいはあるようです。

この種、もともとはスプラウト用にと 、脳天気な我が家のFoxさんがくださったお品でありまして、まさかこんなに大きくなるもんだとは思いませんでした。もともとの品種が大きくなるタイプだったのかもしれません。
小さいものが大きく育つなんて、とってもお得な気分であります♪

ではさっそくお初収穫。6枚ほどつみとりました。

 
ちょうど活きのいいイナダが買えたので手巻き寿司のお供に。

うまうま~♪ 葉っぱが大きいからバサバサして固いかもしれないと心配したけど大丈夫。香りもよし。大満足です。
余談ですが、手巻き寿司ってほんの一口くらいの大きさ、(お海苔6分の一程度くらいかなあ)にすると食べやすくていいんだなあと初めて知りました。今までは、お海苔二分の一使用。太巻きなみの大きさに巻いて食べていたもんだから、食べるそばからご飯やら具やらがぽろぽろ落ちる落ちる。お行儀悪いなあもう。欲ばっちゃいかんです、はい。


 さてさて、こちらのパープルバジル(種:けちょさんより頂戴)も水耕栽培中であります。

こちらもなんとか育っているみたい。ほっ。

でもでも、とちゅう室外に出したりしたら、葉っぱが妙に白くなってしまいました。

ハダニでもついたのか、それとも寒さのせいでしょうか。ともかくあわてて室内栽培に切り替えたら、その後はひどくならずにすんでいるようです。よかったあ。

 他にもまだプラコップ栽培のままの株もあります。

久しく世話してなかったもんでうなだれてますがな。

とりあえずバジルだけ、ちょっと散髪。

これでちょっとはわき芽が伸びて、収量があがってくれるかも。

摘み取ったバジルは、ペロンチーノにパラパラパラ。

あれま、洗って水気をふきとってなかったから水滴いっぱい。まあ、こんなもんですわいつも。
秋に収穫して冷凍しておいた内藤トウガラシも共演。うふーん、なかなかにいい香りと辛味でござんす。

 これらのシソやバジルは、室内のワゴンにのせ、南側の窓際においてます。

今のところ日射しが部屋の中まではいるので、シソやバジルも育ってくれることでしょう。日中は25度をこえたりもしてるみたいですし。
けど、もう冬至もすぎたことだし、お日様はだんだんと外のベランダ方面へ遠のいていくんだよなあ。
なにとぞ、徒長てなことにはなりませんように…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| シソとバジルとパセリ | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/597-fe509b8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT