園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花「フランネルフラワー」:発芽がおっそーい

 ことしも1月11日に種蒔きした、花のフランネルフラワーですが、これがもうなんちゅうかちっとも芽がでんのです。毎年1ヶ月くらいでほぼお出ましになっていたのに。

 だがしかし、ここにきてようやくそれらしき姿をみつけたような…。(2/26)


こちらにも、ひとつ。

ただのゴミのようにみえなくもありませんが。

 では、これならどうだ!(撮影:3/5)

やっとやっと発芽。種まきから約2ヶ月。いままでの倍かかったことになります。しかも8粒まいたのに、この一粒だけという低発芽率。この冬の気温のせいやら、種の出来のせいやらわかりません。

 他の種はどうなったのかとほじくり返してみてみれば。

種からちょっぴり足のようなものが出ていました。これは失敗したのか、まだ脈があるのやら。とりあえず埋め戻しておくこといします。

 こんなにも遅い発芽っぷりなので、じつはすでに2回目の種まきを2月11日にしております。なかなか手回しがよろしいようで。

お茶パックにバーミキュライトを入れ、その中に種まき。さらにプリンカップの中に入れてラップをかぶせて小さい紙の温度計をのせています。
温度が20度をこえていますが、これは撮影用に明るい室内へ移動したためで、通常は15度前後の北側玄関においてます。

 ところで、去年咲いたフランネルフラワーの花から集めた種をこんなにためこんでます。

こうも発芽しにくいんなら、これ、ぜーーーーーーーーーーんぶ種まきしておくべきだったかしら。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| フランネルフラワー | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/616-e7bf46f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT