• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2013/04/16(Tue)

ソラマメの「ファーベ」:実のなりかた

 ベランダにあるソラマメの株に近づくと、なんとも美味しそうな香りがいたします。どっさりこと実っていそうだなあ。

土の袋栽培で2株あり。背丈は150㎝くらいでしょうか。そのままでは倒れてしまうので支柱とベランダの柵にひもを渡して防御。花はほぼてっぺんまで咲き終わりました。

 かんじんの実はいかに?

上のほうからの順にありましたねえ♪ 葉っぱの付け根ごとに1本ずつくらい。花は1段につき10個くらいは咲いていたように思いますが、実は1本だけなのかしらね。

収穫数の予想=(実が1本×20段くらい×茎が4本)×2株=160本!うひょひょ♪

 とまあそんなことを考えて、さらに下のほうをのぞいてみたら…。

1本必ずあるとは限らんらしい。しおしおしお~んと夢破れちまった。
株の下の方にいくほど日当たりが悪いからかもしれないなあ。

 そもそも、その1本が大きくなってくれるかはわからんわけで。

まあだインゲンにもみたない大きさ。先は長いのう。

 ところで、このファーベの種をくださった気ままにベランダで野菜つくりブログのよっちゃんさんのところでは、もうすでに完成品に近い大きさになったお姿がごらんになれます。
こちらのブログ記事→「こんなにながい?」(4月9日付け)
8粒くらいはあろうかという実入りのよさ。おいしそうですぞ~っ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : ソラマメ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 相互リンク

    初めまして、人気サイトランキングです。
    サイトランキングを始めました。
    ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
    SEO対策にも力を入れています。
    一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
    http://1-0x.com/hgh/

  • こんばんは。
    いや~。綺麗に育っていますね。我が家のはまるで放たらかしなのでひっくり返りそうですよ。

    しかし、この豆は長いですぞ~。して、いつ収穫したらいいのかわからないんです(笑)

    どうしようと思っています。
    こんなの差し上げてしまって申し訳ないですね。
    <(_ _)>ごめんね。

  • よっちゃん さんへ

    あ、うちもそのほったらかし状態でも育ってくれているなあと感じます。
    水やり忘れてくたーっとしても起き上がってくれたし、水耕栽培の株の根が真っ黒になったときだって、ざっと洗うだけでもう復活してましたし。肥料がすくなくてもとても丈夫でありがたいです。

    収穫時期ってそういえばいつなんでしょう? 大きくなりすぎちゃったら固いかもしれないですもんね。
    うーん、それはえらいこっちゃです。

    よっちゃんさん。もはや、これはよっちゃんさんのカンにたよるしかありません。
    よっちゃんさんがなんといっても先駆者さんですもの、ぜひお味見なすっていただいて。

    そのご様子のブログ記事を、じーっと [壁]ー^)ノ 拝見。お勉強させてくださいませね(笑)

    いやあ、それにしてもお楽しみであります。とうとう「収穫」の二文字が近づいてきたんですもんね♪
    いえーいっ! って気持ち。うれしいです。ありがとうございます、よっちゃんさん。

  • まゆみ さまへ

    まゆみ様。はじめまして。
    サイトランキングのお誘いをいただきありがとうございます。
    貴サイトを拝見させていただきまして、のちほどあらためてご連絡をさせていただきとうございます。
    お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

Home Home | Top Top