園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種からお初栽培「トマト」:薄暗いベランダ=緑のカーテンともいう

 今日は休日。うまいぐあいに風邪をひいたので、のんびりしています。

 トマトがずいぶん茂りました。南向きのベランダなので今時分はほとんど日光がささず、ひょろひょろ。

左はしから、3本の株があります、水耕栽培のエイミーズシュガージェム、タイピンクエッグ(スチロール箱入り)、土栽培でミニトマトの千果。
上の方にある横になった棒は竿ではなく、水道管です。物干し竿はこのエリアにはないため、やむなくうちにあった水道管を天井についているエアコンの装置にひもでくくりつけました。空洞の水道管だから、トマトの重さで湾曲しちゃってますわ。

 これは、先ほどの3本のトマトのお隣。

左からミニトマトの千果(土栽培)。これはさきほどのと合わせて2株あります。でかいトマトになるはずのチェロキーチョコレート。そしてゴルフボールくらいになるエイミーズシュガージェム。全部土栽培です。

ここまでは、ベランダのフェンスにすき間があるので、まあまあ日光と風が入ってくるのですが、この隣はフェンスがなく、コンクリートなんだなあこれが。(撮影:5/24)

当初は上のように床にじかおきで水耕栽培のトマト(チェロキーチョコレートとショコラ)をおいてました。
このスペースは洗濯物を干すところなので、重い土栽培の鉢を置けません。そこで、洗濯物を干すときに移動が楽な水耕栽培のごみ箱がちょうどよかったのです。
しかし、これも苗が小さいうちで、背丈が大きくなると洗濯物にさわっちゃうことに気がつきました。当たり前か。

 そこで、この2鉢をこのように設置しなおしてみたのです。

うーん、この写真ではわかりにくいかと思いますが、ごみ箱の下に40センチくらいの高さの台をおき、そのうえにごみ箱をのせてあります。こうしたらすこしは太陽にあたるかなあと思ったのです。あ、物干し竿にはひもでくくりつけてしまったので、もはや移動は困難。
なお、洗濯物は右側のスペースでなんとかやりくりして干すという…。もはやトマトのためのベランダですな。

 てなわけで、
室内から見えるのはトマト、トマト、トマト。

1個の小さい種がこんなに大きくなるんだなあと、あらためて思うのであります。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| トマト | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/660-6e20b4fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT