初めて種から栽培のトマト:タイ・ピンク・エッグがピンクに染まるとき

2013.06.24 09:50 | EDIT

 トマトが色づくまで、いったいどれくらい時間がかかるものなんでしょう。

水耕栽培をしているタイ・ピンク・エッグが、うっすら色づいてきたのを見つけ、その進展具合が気になって気になって。

6/16 これです、これ。


6/17 むふふ♪ まあだかな。
 

6/18 ふひゃひゃ♪ もうピンクっていってもいいんじゃなかろうか?


うーん、もうしんぼうできません。とってみよう! 

ほ~う、みめ麗しい乙女な風情ですな。

ほかにも収穫したトマト2種類とバナナピーマンも一緒にならべてみました。

こうしてくらべてみると、なるほどピンク色。

切ってお皿に並べてみました。

あ、千果は切ってなかったです。すみません。
食べましたらば、ほわーっとした浅めの甘味が広がりました。シュガージェムも、ちょいと早かったかなあ。

 それにしても、タイ・ピンク・エッグの実はずいぶんたくさんつくもののようです。
これは、中央の赤い実から手前方向に撮った写真です。


こちらは、その赤い実より向こう側のほうです。

一房に5~6個程度の実なのですが、あっちにもこっちにも実がつく性質のようで、全体としてはとても多くなってます。こんなにか細い枝なのに、実だくさん。折れそうな気がして、あちこちヒモでつってます。

 株の大きさですが、背丈は60センチくらい、横幅80センチくらいでしょうか。横広がり(芯どまりという性質の品種だそうな)ではあるけれど、コンパクトないでたち。狭いベランダ栽培にはうれしい株姿です。

 この薄緑色の粒々をながめつつ歌っちゃうんだなあ、「もーいーくつ寝ると、ピンク色~♪」

【タイ・ピンク・エッグの種をくださったのは】
 いずみのベランダ水耕覚書のいずみさんです。ピンクエッグって、いろんなふうにおもしろいです。
ふつうは脇芽がでると「いかんなー」って思って欠くわけだけど、ピンクエッグは「よかったよかった」って放置していいわけですし。楽ちーん!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

きれいな形ですね(^^)
うちのは、なぜか丸っこいのが多いです。
基本的に酸味のある一般的なトマト味なのですが、ローズ色まで待つと、酸味がほとんどなくなります。
私は甘い系好きなのですが、このトマトはとろっとしたうまみ?が好きで、冷やして食べると美味しいです。

いずみ | 2013.06.24(Mon) 14:51:42 | URL | EDIT

いずみ さんへ

いずみさんのところは丸っこいのでしたか。
今、うちのピンクエッグの形を調べてみましたらば、3分の2くらいが卵型で残りが丸っこいのでした。
そして、一房の中に丸と卵型とが混在するのはほとんどなくて、一房の中で丸いのは丸いのばっかり、卵型は卵型ばかりがそろっているように見えました。
トマトの形を作っているのはいったい何なんでしょうね。おもしろいです。

わあ、色の進み具合で味も変化するんですね。わくわくしちゃいます。
じつは、きょうも1個収穫しました。いずみさんのまねして、さっそく冷蔵庫へ。
「とろっとしたうまみ」ですか。いいなあ。うちにもそのお味、きてくれますように…。もうじき夕食。ふっふっふ。たのしみでーす。

ともこ | 2013.06.25(Tue) 18:01:27 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード