葉物野菜の「バイアム」:夏に備えて種まき

2013.07.01 19:52 | EDIT

 真夏こそもりもり茂ってくれるという葉物野菜があるんですねぇ。
いずみのベランダ水耕覚書のいずみさんから種をいただいた「バイアム」(ヒユ科ヒユ属)というのを6月25日に種まきしたところ、3日後には発芽してました。(撮影:6/28)


その2日後。にょきにょき生えてきています。

元気もんだなあ。しかしちょっと混み合ってますな。種がたいそう小さかったので、てきとうにごっそりばらまいたせいです。無理矢理株分けしちゃおうかしら。

なんでもバイアムは、高温や乾燥に強く、ジャワホウレンソウとも呼ばれている野菜だそうな。種まきして40日ごろから、若い茎や葉を摘み取って食べられるとのこと。丈夫そうだなあ。頼もしい限りです。

栽培方法だけど、土栽培か水耕栽培かで迷っちゃってます。土はうっかり水やりを忘れてもなんとかなりそうだし、せっかくだから水耕でどこまでやれるかもためしてみたいし。お初栽培なので、どうなりますやらです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 葉菜類 - バイアム
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2013.07.01(Mon) 22:22:34 | | EDIT

葉っぱ さんへ

葉っぱさんの夏のスタミナ葉物は、金時草と雲南百薬ってわけですね。
金時草のことをよく存じ上げなかったので調べてみましたら、葉色も美しく、これまた夏に強いのだと知りました。あ、しかもぬるぬる系だ。滋養がありそうだなあ。

雲南百薬は、これはもう葉っぱさんのトレードマークのような優秀野菜ですし(笑)
葉っぱさんからいただいた雲南百薬は、今年はトマトに場所をとられたので来年にそなえ、冷蔵庫で眠ってます。窓辺にハートの雲南は、なんともいえない風情がありますもんね。
葉っぱさん、どうぞどっさりお召しあがりになって、もりもり力こぶをつけてくださいませ-。

私のご心配までしていただき、ありがとうございます。
はい、薬と治療のおかげでおおむね痛みもおさまり、腫れもひいてだいぶ楽になりました。
(術後性上顎膿疱というもので、左頬が腫れ、顔半分だけ宍戸錠さんみたいでしたよ。)
来月には切除する予定なので、これでまた元の美人さんにもどれます(笑)ご安心くださいませ-。

ともこ | 2013.07.02(Tue) 09:52:57 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード