園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種からお初栽培の「トマト」:温存した株(タイ・ピンク・エッグとエイミーズ・シュガージェム)

 昨日と一昨日、一部のトマトの撤収をしたのはしたんだけれど、株の根元は残しました。すくすく水耕栽培のyaefit1500さんに復活させられ方法をコメントしていただいたのです。(当ブログ、7/4付けの記事へ頂いたコメントです。)
ありがたや~。ランララン。うまくするとまた少しは実がなってくれるかもしれません。やってみましょーっと♪

 まずは、現在の根の状態から。枝葉を切り落とした水耕栽培のタイ・ピンク・エッグです。

根の色あいが茶色になっているのが気になります。ことに、黒い穴鉢付近。液肥につかってるところは白っぽいのに、空気にふれている部分が茶色いんだなあ。まあとにかく、根を水で洗っておきましょう。

 こちらは、同じく水耕栽培していたエイミーズ・シュガージェム。

健康そうな真白な根とはいえないけど、すでに新芽がだいぶ出ているのでうまく育ってくれるかもしれません。

 この2本の株は、それぞれスチロール箱とゴミ箱という大きな容器で栽培していたわけですが、もう枝葉がないのでペットボトルに移し替えました。穴鉢で栽培してたので簡単に引っ越しができました。

ベランダの陽当たり一等地で養生してもらいましょう。うまく復活してくれるといいなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| トマト | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/692-f089b061

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT