種からお初栽培のナス:花が落ちる

2013.07.11 10:32 | EDIT

 この記事を書いたのは昨日(10日)です。
-----------------------------------------------------
 ただ今出張からもどりました。いやあ、炎天下は暑かったです。帰宅して頭をさわったらガサガサ。鏡を見ると髪に白い小さな粒がいっぱいついていました。自家製の塩田でしょうか。なめたらしょっぱかったのでまちがいないでしょう。お料理で「塩少々」と書いてあったら、即使えそうですわ。

 さてさて、昨日(9日)、トマトの一部を撤収したら水耕栽培用の容器があいたので、ナスを植えかえました。

ゴミ箱で栽培していたイタリアンナスをスチロール箱に。

でもねえ、この容器でももうすでに小さい感じ。いつのまにこんなに大きくなったんだろう。

花も咲きました。淡い紫色。うひゃひゃ、たくさんあるなあ。



 もう一株。ペットボトルで栽培していたブラックビューティーはゴミ箱に引っ越ししました。

ありゃ、こちらも窮屈そうでう。早晩また引っ越しせにゃ。

あ、ブラックビュ^ティーにも花が咲きました。


しかしです。咲いた咲いたと喜び、受粉の手助けをしようと絵の具の筆でコチョコチョしたら、うっかり花芽を折ってしまった。

花茎の付け根がもろいのか、ほんのちょいと触れただけなのに2つも没にしてしまったのでした。
もう、ぜったいさわらないっ。ナスの恋路の邪魔をしてはいかんのだ、と固く誓ったのであります。

 ところが、昨日に引き続き今日(10日)も花芽が一輪落っこちているではありませんか。なんで?さわってないのに。

思いますに、枝にしっかりついている花の茎と、落ちた花の茎とをくらべてみると、落ちた花の方が細いような気がするのですがどうでしょう。
きっとここが細すぎたために、風の勢いて落とされてしまったんじゃないかと予想しているのですが、どんなもんでござんしょうかねえ。

だとすると、太い花茎じゃないと実がつくまでもたないということになります。あーら、えらいこっちゃ。どうやったら太めの茎になるのやら。それを考えると眠れなくなっちゃう、ということはまあないでしょう。

今、19時。けさは3時起きだったので、もうあくび連発、よれよれでーす。
考えごとは、またあした。ではでは、おやすみなさいませ~。

【追記:11日の記録】
 ああ、その後もとまらず、落花さんのオンパレード。並べてみました。

なーらんだ、なーらんだ♪ ブラックビューティーからもイタリアンからも落ちてます。ため息がでますなあ。

 さすがにこれはまずかろうとナスの勉強をしましたところ、どうも栄養不足で雌しべが充分に育っていないのが原因ではないかと予想がたちました。

 ほらこの姿。真ん中にある雌しべの長さが雄しべより短いのです。


これなんか、雌しべが、ないっ。


というわけで、すぐさま栄養補給開始。といっても水耕栽培なので、使用している大塚ハウスの1号と2号の濃度を上げて入れてみました。(濃度のかげんは、山カンです。)
はたしてうまくいくのでしょうか。まあ、そんなんでたのんまっせ、ナス大明神様。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - ナス
Permanent Link | Comment(6) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

こんばんは。
おんなじ!我が家も同じですよ。
花が落ちてしまって実がなかなかならないしなったら石ナスなんですぅー。
お日さま不足かなあとも思ったり栄養不足かとも思ったりで・・・
何とかならないかと思案中です。

よっちゃん | 2013.07.11(Thu) 20:19:16 | URL | EDIT

あらら~、残念。
暑さでお疲れなんですかねえ。
トマトトーンで着果のお手伝いとかしてあげるのも手かもしれませんなあ。

あ、暑いとサビダニだのチャノホコリだの、目に見えない系の
ダニが出てきますので、ご注意を・・・

rune | 2013.07.12(Fri) 00:02:12 | URL | EDIT

よっちゃんさんへ

先輩のよっちゃんさんのところもお花が落ちるのでしたか。
それじゃあ初めての私がうまくいかないのはあったり前ですね。まあ今年は、観葉植物ナスとして元気に育ってもらえるだけでも御の字ってもんです。

なんか、気持ちが楽になりました。のんびり可愛がってまいろうと思います。
なにせナスの姿だけは、緑色がきれいなべっぴんさんですから~♪
あ、せっかくの葉物のナスならば、「ナスの葉漬け」なんて食べ方もあるのいいのに、なーんて思ったりしちゃいます。

そうそう、よっちゃんさんのところも梅雨明けなさったことでしょう。
お日さまがいい感じにおナスにあたって、ピッカピカのおナスになりますように!

ともこ | 2013.07.12(Fri) 19:41:11 | URL | EDIT

rune さんへ

トマトトーン。そうだ、その手がありましたっ。さっそくためしてみます。ありがとうございます。

サビダニですか。チャノホコリダニも。うー、なんともいえん恐ろしい響きがいたしますです。
たしかに、このうえなく暑いですもんね。何かがわいてきてもおかしくないです。
せっかくの葉っぱだけは美人ナスですから、虫がつかないように水かけして磨いてやることにしまーす。

ついでに、我が身のランニング&短パンお疲れ姿もなんとかしなくっちゃです。ワハハ~。

ともこ | 2013.07.12(Fri) 19:53:01 | URL | EDIT

自然淘汰では……

う~ん、思うに実をつけ過ぎないようにするための自然淘汰ではないでしょうか?
これらのナス、結構実が大きくなるんですよね。
なりすぎると木に負担がかかるので、自分の木の大きさに合わせて、花の数も制限してるんではと思うのです。
畑のものと比べると容器栽培は根を張る場所が限られてくるので、一枝に実が2個以上はたぶん花が多すぎると思いますよ。一枝に1個なってるのと同時に一つの花が咲いてるっていうのが一番負担かからない方法だと思うのですが、どうでしょう?

もん | 2013.07.12(Fri) 23:48:22 | URL | EDIT

もん さんへ

自然淘汰、ですか。なーるほど。たしかにこの株は、妙にたくさん花がつきすぎてます。これ全部が実になったらトマトみたいになっちゃいますもんね。トマトだって適度に実をつみとって減らしたりもするようですし。
うんうん、納得です。

そう考えると、気が楽になりました。オイラのせいじゃないかもよ、って。

なにしろ植物は無口だから、問題がおきると私なんかうろたえてばかり。
もんさん、お教えいただきうれしいです。

まあ、考えてみれば、初心者マークの私ですから、花がついてくれてるだけでも、もうけもんです。観葉植物から花が見物できる植物に昇格してますもんね(笑)

そうだ。もんさんの畑のダイナミックなお野菜を拝見にいこーっと♪

ともこ | 2013.07.14(Sun) 19:45:42 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード