キュウリの「パリQ」:四葉系(すうようけい)ってどんな味?

2013.07.20 16:50 | EDIT

 イボイボのキュウリというものを、近所のJAさんで買ってきました。どんなキュウリなんでしょう。なにしろまだ見たことも食べたこともないのに、つい先日同じような品種のキュウリを種まきしたばかりだったので、現物に興味津々なのです。(撮影:7/18)
これがそのキュウリ。5本で150円。

物物差しが20センチメートルあるので、全長25センチくらいでしょうか。袋のタイトルが「シャキット」となっています。おそらくタキイ種苗の製品:短形四葉という性質の種「シャキット」かと思われます。

さっそく調理してみました。切ってから軽く塩をふってビニール袋に入れ。もみもみして数時間冷蔵庫へ。

いやほんと、シャキシャキというかサキサキする気持ちのいい歯ごたえでした。美味しい!
袋に書かれたふれこみに「皮がとても柔らかく歯切れよし! サラダ、額漬け、浅漬けに絶品!」とありましたが、まさにそんな感じ。
あー、うちでまいたキュウリも、こんなふうに美味しくなってくれるといいがなあ。

 さて、先日その種まきしたうちのキュウリ「パリQ」(トキタ種苗)の話です。3個種まきしたら、3個とも発芽しちゃって、もったいないから全部育てているという、どこにそんなスペースがあるっていうんだか。

1本めの株は土栽培。一番陽当たりのいいベランダのフェンス下におきました。

フェンス下は雨にもあたることがあるので、土栽培のを置いておくことにしたのです。


2本めの株は水耕栽培。フェンスとは反対の住宅側の壁。陽当たり劣等地。


この容器ですが、今は使わなくなった虫などを入れる飼育箱。アルミのシートの下はこんなふうになってます。

蓋の部分にはもともと穴があいており、この穴鉢をセットしようとしたら穴が大きすぎました。そこで、竹串を渡し、蓋にガムテープ留め。一部短くて蓋に届いてませんが、この竹串製の橋で穴鉢の落下をふせごうというわけ。なんともちゃちな造作でして。
おそらく、苗は上に張ったネットに寄りかかるかかるはずだから、竹串に重さはさほどかからないだろうと思うのですが、うまくいくでしょうか…。


3本めの株もこれまた水耕栽培。

同じく直射日光があたりません。しかも容器が狭い2リットルペットボトルときています。大丈夫かいな。
ただ今ゴミ箱がトマトに使用中なのでいたしかたありません。当分、液肥の補給にかかりっきりになるでしょう。
いつになく、勤勉になりそ。

【栽培メモ】
・種まき…6/25
・発芽…6/27
今日(7/20)までで、本葉6枚どになりました。生長が早いなあキュウリって。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - キュウリ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

私も興味があるんですが、まだ食べた事が無いんですよ(^-^;
塩で揉んでもサキサキしてるなんて♡歯ごたえが気持ちよさそう!

四葉系って、獲り遅れてもちゃんと美味しい…って言いますよね。
この時期は、1日で実も巨大化しちゃいますから、何だかキュウリばっかり食べてるんですけど(笑)四葉なら、必要な時にバランスよく収穫できるのかもしれないっすね〜 ♪

Naomi | 2013.07.20(Sat) 20:59:36 | URL | EDIT

Naomi さんへ

シャキットは、そのまま生でかじると、甘味を感じましたよ。

あ、それから、イボイボはついてたけど、痛いようなトゲはなくなっていました。農家さんが当日収穫して出荷しているはずなので、そのあいだにトゲがとれちゃったのかもしれません。
実際にベランダで育てた場合、このトゲがどんなふうなのか、ちょっとコワイです。

日持ちがしないキュウリだそうですので、スーパーにはないのでしょうね。
JAさんでも、その後はまだ見かけません。
産直のお店とかで売っているものなのかなあ。残念です。

おや、四葉は獲り遅れても美味しいのでしたか。そりゃあうれしいなあ。

Naomiさんのところは、巨大美人キュウリの風神さんがおでましになられているようで。
それにそれに、「だし」というお料理もなさっておいでだと拝見しております。
私もその「だし」というのをぜひぜひ、めざしたいです。
ん? そのためには、オクラとナスも入れていらっしゃったっけ。
あら、うちにはオクラ・ナス、ないじゃん。オクラの種まきから始めなくっちゃだわ(^^;)

ともこ | 2013.07.21(Sun) 16:41:11 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード