園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

バイアム(=ヒユナ):ほっそりさん

2013.08.03.Sat
 種袋によれば「暑さと乾燥に極めて強い南方系の野菜」というのが売りのバイアムだそうです。種は、いずみのベランダ水耕覚書のいずみさんから頂戴しました。
ああそれなのに梅雨どきみたいなお天気なんだもの。涼しい気温が続いたら、このようにほっそりさんになるというお見本みたいな育ち方でして。
130728-baiamu-6399.jpg

葉の色もなにやら薄うございましょう?ひらひらのチョウチョみたいなんです。液肥の濃度は、ナスと同じく濃いめにしてるんですけどねえ。

茎もこれこのとおり、徒長チックな間延びっぷり。

まあねえ、「乾燥に強い」植物だというのに、日々液肥たっぷりの水耕栽培にしているのもよろしくなかったかしら。

 栽培の仕方を調べてみますと、草丈20センチメートルくらいで摘心すると脇芽ができるので、それを伸ばして株を大きくしていく…というような記述を見ました。なるほど、それでやってみますか。
ホウレンソウのように栄養豊富だそうですから頼もしい限りです。なんとか、がっちりした株にしてやりたいなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック