園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アボカド:芽が出る根が出る

これは、アボカド。正月に水をいれたコップに入れておいたら、二つに割れ、芽がでたところ。
まるでノドチンコみたいである。芽だろうか。根だろうか。
(撮影.9.2.20)

…それから約4ヶ月。
アボカドの芽が種の口からにゅううと伸びてきた。
しかし、これは、最初に出てきた芽ではなかったのだ。最初に出てきた芽は、おそらく死んでしまったのだと思う。伸びてきた芽の隣にある、白っぽい突起が、その最初の芽1号。
はじめ、この芽1号が顔を出して間もなく、くちたように白くなったので、てっきりもう絶滅したと思っていた。
ところが、そのうち太い根がはえてきて、次に、芽2号がにゅううと伸びてきた。
芽は1号がだめなら、2号を発生させ、もしかすると、これも失敗したら3号がはえてくる仕組みになっているのだろうか。なんとたくましい。いったい何号まで作り出せるのだろう。

太い根はプラコップのなかで、さらに分岐しているらしい。

この芽2号の先端がもやもやとしている。じきに葉っぱがでてくるにちがいない。

芽は太陽が見える方向にぐいっと曲がる。
わざと太陽とは反対向けにしておいておくと、また、太陽が出る方向に向かって曲がりなおしていく。どうやら太陽をもとめて回るのはヒマワリだけではないらしい。

ところで、この芽2号。でてくるまでは、生長がずいぶんとゆっくりしたものだったが、これが伸び出してきたら、早い早い。
ふと、ネット検索でアボカドの生長した身の丈がどのくらいになるのかと調べたら、な、なんと25メートルですと。…知らなかった。
熱帯あたりではそのようだということであるから、まあそこまでは伸びはせんだろうが、その兆しはすでに出ておるとみた。

この夏、どこまで伸び続けるのか。見ものである。(楽観してていいのかあ? 大木になったらチェーンソーで切らにゃあならんぞ。)

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| アボカド | 07:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT