• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2013/08/20(Tue)

四葉(すーよー)キュウリの「パリQ」:土栽培の撤収

 しばらく留守にしていたので、水やりが欠かせないキュウリが気になっておりました。帰宅後に見てみたら、土栽培のキュウリ「パリQ」に、特に変わったところはないようです。(撮影:8/18)


ほらね、もうじき収穫できそうな実もできていましたし。


ところがですねえ、なんだか小さい実のようすがみょうなんです。

全体が黄色くなってるみたい。ふにゃふにゃだし。
生長点のあたりの小さい葉っぱも、固くて弾力がなくなってました。あ~あ、おわりだあ。
連日の猛暑で水不足になったのかもしれません。仕方がありませんな。てっしゅーーーーーう。
わしわしと葉っぱをつかんで、トゲがイテテとかいいながら、ゴミ袋へ。この作業っ無残さがしみて苦手だなあ。ま、袋にいったん入れちゃえば、あきらめてあとはどんどん片付けが進むのですが。

一方、水耕栽培している株のほうのキュウリは、悲惨な状況になりながらも、なんとかもちこたえているようです。

これなんか、茎が割れてるしーっ。

でも、割れた茎の下の当たりから、新しい芽を出していたりするんだなあ。

水耕栽培の株の全体像はこんな感じです。

葉の数が少ないし、花芽も出ていませんなあ。生長がとまったみたい。夏休みだろうか?
たしかこのパリQという品種は暑さに強いとか書いてあったような気がするのですが。さすがにこの猛暑はこたえるのかもしれません。液肥の交換でもしてみますかね。

先端の若い芽は元気なようですし、なんとかなるかもしれません。


そうそう、1本だけ実がついていましたので、これがもう少し大きくなるのも楽しみに待つことにいたしましょ。



【液体肥料のもとになる、大塚ハウスを注文】
 私ったら、うっかり注文しかね病院に行ってしまったので、液肥がピンチでした。帰宅して17日に注文し、20日の今日メール便にて到着。ぎりぎり液肥ギレにならずに間に合いました。ありがとうございまーす。

そして、これがその届けていただいた、大塚ハウスの1号3袋と2号を3袋です。

私は、たまたまネットでみつけた下記のところで、少量を分けてお送りいただいてます。
・水耕栽培 生命力を信じて!


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : キュウリ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top