四葉(すーよー)のキュウリ「パリQ」:増殖をこころみています

2013.09.01 19:09 | EDIT

 この水耕栽培のキュウリは、ちょこちょこだけど収穫がつづいていました。しかし、8月20日あたりからぱたっと実がならなくなり、葉も固くなって生長しなくなってしまいました。(撮影:8/24)


いよいよ撤収かなあというわけで、この日(8/24)、なごりおしく最後の実を収穫。

とげとげがりっぱ。これは四葉キュウリの特徴だそうですが、手の上にのせるときはドキッとします。そーっと、そーっと。しかしそれも、キッチンタワシで洗い落としてしまえば大丈夫。浅漬けにしていただきました。美味しかったなあ。

 こうして、昆虫などの飼育箱育ちキュウリ、パリQはおしまいにしました。

 でもじつは、パリQはもう1株あるのです。ゴミ箱育ちの株が。これもアブナイ雰囲気ではあったのですが、なんとなく少しは脈がありそうな気がして、未練がましく残してみたのでした。
それがそれが、どうも復活しそうなんだなあ。(撮影:8/25)

こちらをごらんくだされたし。下の方は茎ばかりです。


でもでも、その上の方では、葉っぱがつやつや。


しかも、雌花が咲いちゃったりなんかして。

今頃になってまた実をつけることもあるんですねえ。

 ところで、他にもじつは育てているパリQの苗があるのです。

この苗は、前回撤収する際、先端の元気そうなところを切り取って挿し芽にしてみたのでした。

 まだあります。この2本。

24日には、水を入れた容器に入れて発根待ちをしておりました。

それが、30日にはこんなふうにちょっぴり大きくなってきたりして。ひょっとして、こちらも育ってくれるかも。


 というわけで、キュウリは現在実をつけつつある1株のほかに、挿し芽が3本。
もう、どんだけキュウリが食べたいんだ、みたいな増殖をこころみております。

ときすでに、9月。秋野菜の種まきでもしようというこの時期ですが、はたして、この挿し芽苗の将来やいかに。

【予想】
ア.みごと、1個の実をつける。
イ.葉が茂るけれども、花は咲かない。
ウ.じきに、全滅。

私の予想は、イです。実はつけてほしいけど、すでに葉っぱにはウドン粉らしき白いものが付着しており、長生きしそうな気がしません。日射しにも弱いし。うえーん、だめかなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - キュウリ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

おはようございます

全く育てた事がないので分からないので教えてください

キュウリは人工受粉、自然受粉、どちらですか???

来年は栽培したいと思っています

こんなキュウリが収穫出来たら、私は舞い上がります(^O^)

ミーママ | 2013.09.02(Mon) 08:29:57 | URL | EDIT

ミーママ さんへ

おはようございます。

キュウリは、受粉しなくても実はできるんだそうです。雌花は、単独でキュウリの実を形作ってしまうんだとか。(こういうのを「単為結果」=たんいけっか、というそうです。)
ただ、その場合「種」はできないので、来年の種まき用に種をとろうというときには、やはり受粉させなければいけないみたいです。

そんなわけで、実を食べるだけならキュウリはとても気楽に栽培できるなあと感じます。
なんせ、雄花はなくてもよくて、小さいキュウリの形をした雌花がつけばいいわけですもんね。

ちょっと気がかりなのは、ウドン粉病でしょうか。これに強いタイプだとうれしいです。
「パリQ」の場合は、霧吹きで水をかければなんとかもつという程度でした。お味はいいです。

私も来年は、もっとウドン粉に強い品種の四葉系キュウリをできれば見つけたいなあと思ってます。

キュウリもいろんな種類があるようですね。種屋さんをのぞいては、わくわく。
ミーママさんも、ぜひぜひ、どうぞどうぞ、お試しなさいませ~♪
そして、美味しいキュウリ、元気なキュウリ、おもしろいキュウリなどなど、お教えいただけたら、うれしいで~す。

ともこ | 2013.09.02(Mon) 10:16:05 | URL | EDIT

キュウリ!

挿し芽のキュウリも育つといいですね。
我が家のラリーノも、一度水切れでダメになりかけたのが、徐々に息を吹き返しています。
タイミングともこさんとこと一緒に結実してくれたらいいのだけれど。

yaefit1500 | 2013.09.03(Tue) 13:06:31 | URL | EDIT

yaefit1500 さんへ

なになに、ラリーノどのが息を吹き返したと。すごいです。お見事。
キュウリって、葉っぱがよれよれだったり、茎が割れてたりしても復活する可能性のある丈夫な野菜なのかもしれませんね。

ラリーノは小ぶりだから、食べられる大きさになるのが早いのでは。
きっと、もうじきお召しあがりタイムになるんじゃないかと予想します。いいな、いいなあ。
秋になっても引き続きキュウリが食べられるのって、なんかうれしいですね。
このまま温存して冬までいっちゃえ! なーんて、できたらいいですね。

ともこ | 2013.09.04(Wed) 14:51:59 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード