種からお初栽培のナス:どーなの、秋ナス

2013.09.16 11:55 | EDIT

 今、台風の渦中。もーれつな風が窓ガラスをたたきつけています。でも大丈夫。昨日のうちにベランダの鉢を室内に引っ越ししておいたんですもん。いつになく手際がよろしい。我ながらでかしたぞ。

 しかーし、こんなに大きかったっけ? イタリアンナスって。

水耕栽培しているスチロール箱の下の机の幅は120センチメートルほどなのですが、枝がはみ出してるし、この横に立つと、私の背丈・160センチメートルをこえてるし。なんとも、うっそうたる姿。

これがベランダにあると、それほどだとも感じなかったんだけどなあ。(撮影:9/12)

ん?ベランダの手すりからはみ出してましたがな。いかん、いかん。余分は即剪定しておきました。

なりばかり大きいわけではございませんで、じつは、このイタリアンに待望の秋ナス登場!

やれやれ、これで「観葉植物ナス」呼ばわりされずにすみそうです。

えっ、「1個だけで喜ぶのはまだ早い」ですか? それなら、これでどうだ。(撮影:9/15)

ほらね、こんなのが4個はできておるのですよ。エヘン。
ん? お尻の色が黄土色してるから、石ナスじゃないか、ですって?

ど、どうしよう。もう一回見てみよう。(撮影:9/16)

ど、どうかしら? ガクのあたりの皮は紫がかってるように見えるんだけど、ちがうかなあ。


ところでナスはもう一株あります。こちらはブラックビューティー。(9/15)


これにも実がついてくれました。

ありゃ、なにやら怪しい色合だわ。いやん、どうなわけ?
全身があらわれるまで、なんともはや気がもめますなあ。ドキドキ~。

 それにしても、ナスを水耕栽培にしてよかったと思うことの一つに、持ち運びが楽だということがあります。イタリアンナスなんてこんなにも大きな株ですが、液肥の入ったスチロール箱ごと「えっさほい!」と、なんとか持ち上げられるのです。
ちなみに、液肥入りの箱ごと支柱も一緒にして重量をはかってみたら、38キログラムありました。けっこうあるなあ。
それでも、土入りの鉢だったらもっと重くてとうてい運べないでしょう。このたびは水耕栽培でほんと助かりました。

 あ、それで気がついたんですけど、野菜の株って大きなものでも案外軽いんだなあということです。私、トマトとかナスとか、なんとなくとっても重いようなイメージがありました。土入りの鉢を持ち上げた経験からでしょうかね。
それが、水耕栽培で液肥を入れるとき、株を手で持ち上げることがよくあり、それが、思いの外軽々、ひょいっ、と動くことにびっくり。それを支える根や土の働きってのを想像しちゃうなあ。
「土がついていない野菜の全身を手で持ってみる」って、なかなか得がたい体験かもです。

【こちらのナスの種をくださったのは…】
ベランダで気ままに野菜つくりブログのよっちゃんさんです。ナスのカプリスとしまナスは、残念ながらその後生長が止まってしまいました。涼しくなったので、小さい苗には厳しかったのかもしれません。よーし、来年はもうちょっと早めに種まきしてリベンジします。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - ナス
Permanent Link | Comment(8) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

いやー。大きくなっていますねぇ。ともこさんは何でも上手に育てられるので羨ましい限りです。
私なんかまったくナスが育てられなくて・・・・しかし?
知子さんもカプリスのこと書かれておりましたがやはり成長は止まった?我が家は花が落ちたっ!
やっと一個でも食べられるかと楽しみにしていたのですが…残念です。
私も来年は、絶対頑張って一つと言わず何個か収穫できるように頑張るつもりです。つ・も・り(笑)

よっちゃん | 2013.09.16(Mon) 13:56:42 | URL | EDIT

土栽培の方は重いと言われますね

わたしも、ご近所さんからプランターが重い、という話を聞きました。
わたしは水耕栽培しか経験がないので知りませんでしたが、やはり相当な負担なのですね。

イタリアンナス、立派に育ちましたね!
家の中なことに驚きました。万全の台風対策だったんですね!!
それにしても、よく運ばれましたー!!(@_@)

yaefit1500 | 2013.09.16(Mon) 22:10:55 | URL | EDIT

野菜用のプランターは、一人じゃ持ち上げられないですよねぇ (^-^;
ウチの実家の父も、良く腰をグギッとやっちゃってます(笑)
男の人でもそうだもの、水耕にしておいてホント、良かったよね♡ ww

おナス、やっぱり大きいですよねー。私は今年は、コンパクトな品種にしたんですけど、ダンナに「美味しくないから、来年は普通のナスにしてよ」と言われてガッカリしております…。大きくならないけど美味しいナス、どっかに無いかしらねぇ…。

Naomi | 2013.09.17(Tue) 10:45:58 | URL | EDIT

『じゃがいもの花と実』

ランキングから「園芸でちょこっと科学」というタイトルに惹かれてお訪ねしました。
『じゃがいもの花と実』は、私の家庭菜園の原点かもしれません。
板倉先生の本は、たくさんたくさん読みましたが、仕事を辞めて10年になり、今は全く読んでいません。
何か読んでみたくなりました。

りんごのほっぺ | 2013.09.17(Tue) 20:02:01 | URL | EDIT

よっちゃん さんへ

うちのナスは、育ての主に似て、どうも態度がデカイようです(笑)

あやや、よっちゃんさんのところでもカプリスに異変がありましたか。
ほんと、残念なことでしたねえ。
カプリスは繊細なのかなあ。

そうだそうだ。私も来年に期待いたしましょう。
ぷりっとふっくらしたしましまナス。炒めたりなんかしたら超美味しいおナスですもんねー。

それにしても、よっちゃんさんの「つ・も・り(笑)」に、「ぷふっ」って笑っちゃいました。
ちょっと肩の力が抜けていいなあーって。
来年は、失敗したナスの葉と茎の調理法も一緒に研究しちゃおかしら、なーんて思ったりしています。
あら、もう、あきらめてたりして(笑)

ともこ | 2013.09.18(Wed) 16:19:53 | URL | EDIT

yaefit1500 さんへ

あらま、yaefit1500さんのご近所さんもご苦労なさってるんですね。
そういえば、お店で鉢をのせるキャスターとかも売っていたりして、なるほど、と感心しちゃいます。
せっかくだから、今度は、土入りプランターの重さも測定してみようとかと。
あ、体重計に鉢をのせるのがむずかしいのでした。鉢をのせると、数値の窓がかくれちゃうんだもの(笑)


いやあ、あのその、鉢運びをおほめいただき、恐縮です。ありがとうございます。
イタリアンナスを運べたのは、もうギリギリでした。
重さもですが、株の幅が窓カラス枠をなんとか通れたという…。ほんにもう幸運でした。

それから、その、室内に運ぶ前には、その室内もかたづけねばならんのだと知り、がく然。
ながいながい片付けと運搬作業でありましたとも。とほほ。
おかげさまで、ベランダも室内もばっちくはなくなりました。
そんなんで、ふだんからお掃除はしておこうぜ、と思ったしだいです。

ともこ | 2013.09.18(Wed) 16:38:13 | URL | EDIT

Naomi さんへ

腰をグギッ、ですか。お父様、えらい災難で。でもでも、持ち上げた鉢をぽいっと捨て置くわけにもいかず、大変だったことでしょう。お見舞い申し上げますです。

コンパクトナスはお味がちがうのでしたか。でも綺麗なおナスでしたよねえ。うーん、じつにじつに惜しいです。
ダンナ様の「普通のナスにしてよ」のお言葉はしかし、私も胸に刺さりました。

ご近所を散歩していると、わりあい小さな鉢に小ぶりなおナスの株が植わってるにもかかわらず、えらくたくさん実らせておいでになるのをお見かけするからです。
そういえば、あれはまさしく普通の姿のおナスのような気がするなあ。
あれは美味しいんだろうか。何げない感じでお聞きしてみようかしら(笑)

ほんと、「大きくならないけど美味しいナス」に、ぜひお目にかかりたいです。

ともこ | 2013.09.18(Wed) 16:55:45 | URL | EDIT

りんごのほっぺ 様

はじめまして。ともこ、と申します。お声をかけていただきありがとうございます。

なんとなんと、りんごのほっぺ様は『ジャガイモの花と実』が家庭菜園の原点でいらっしゃるとのこと。
私もです。なんだかとってもうれしいです。

でも、まだそのジャガイモをうまいこと育てたことがないので、原点からちっとも進化していないのですが。
それでも、なんだか野菜を育てるのがおもしろくて続いているようなしだいです。
あの本はきっと、植物の栽培が楽しくなる本だったのかもしれないなあと思ったりしております。
あ、今月29日に仮説実験授業研究会50周年記念の会があるので久しぶり(数年ぶり)に、研究会に行ってみようと思っているのですが、そのとき板倉先生に、りんごのほっぺ様のことをお話したいです。

そうそう、板倉先生は、おでんには必ずジャガイモをお入れになるそうです。ジャガイモの本を書いたらジャガイモが好きになったからだと伺ったことがありましたっけ。

りんごのほっぺさんのブログを拝見に伺いましたらば、たーくさん野菜を育てていらっしゃるのですね。
可愛い芽がいっぱい。私は始めて栽培する、かき菜の「さちうら」も育てていらっしゃる。
どーやったらいいのかなあ。教えていただきとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

ともこ | 2013.09.18(Wed) 20:13:16 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード