園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こっそり終わっていたキュウリの「パリQ」

 四葉(すうよう)という種類のイボイボのキュウリが、じつは9月初めに収穫終了しておりました。
今頃になってなんですが、ここにこっそりご報告しておこうと思います。

これがそのパリQ。最後の実。ゴミ箱による水耕栽培です。(撮影:9/8)

右の小さいのは、これ以上大きくはなりませんでした。

 最後の実を手に取ってみると、しっぽの方がふにゃーっとやわらかいのです。

それ以外は美味しくいただきました。夏のいっときじつに美味しく楽しみました。しかし、ウドン粉にまみれ、葉っぱが下の方から黄色く枯れてきて秋まではもちませんでした。美味しかったんだけどな。もうちょっと収量がほしかったなあ。うーむ、です。

 さて、来年のキュウリはどうしましょうかねえ。春夏用と秋用の2回に分けてそれぞれ植えてみようかと思ったりしています。とくに秋はアブラムシなどの虫がぐっと少なくなるので、育てやすい気がするのです。
寒さに強めの品種だという「霜知らず」でためしてみたいな。
そして、春夏はまた「四葉」でいきたいけど、どんなもんでしょうかねえ。
パリパリと歯ごたえがよろしく、ウドン粉にも強い春夏用スーパー元気なキュウリ。どっかにあるかしらん?

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| キュウリ | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/735-5c13ce6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT