バジルとシソ:葉の大きさいろいろ

2013.10.06 15:38 | EDIT

 バジルのボロッソ・ナポレターノの本葉が大きいです。2リットルのペットボトルからはみ出す勢い。


一方、パープルバジルは、これくらい。


2種類のバジルを並べてみると、面積で4倍くらいのちがいがありそうです。


このボロッソ・ナポリターノの特徴として、種屋さんのサイトに「ダークグリーンで火ぶくれしたような大葉が特長です。大変に柔らかい葉も魅力です。他の大葉タイプのバジルに比べ、風味と芳香が格段に凝縮されています。」とありました。
ここでちょっと気になるのが「他の大葉タイプのバジルに比べて」のところ。「他の大葉タイプと比べて」ということは、大葉タイプのバジルは、風味や芳香が普通タイプのものよりかんばしくないのかも、と思ったりするわけです。大きい葉は大味なのだろうか、と。今のところ、香りはどのバジルも薄いのでなんともいえません。
まあ、ビタミンはありそうな気がするので、なんであれ頂きますですよ、はい。

ところで、同じシソ科の青シソもバジルと同じ日に種まきしておりますが、まだとても小さいです。

気温の変化に敏感なんだろうか。夜は室内にとりこんでいるのですが。みちのりは長そうだなあ。

【本日の収穫】
左は空心菜。右奥から甘とう美人、バナナピーマン、ヒモトウガラシ。ありがたや~♪
空心菜と甘とう美人とヒモトウガラシとバナナピーマン


にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 葉菜類 - シソとバジルとパセリ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード