園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タネからお初栽培のナス:ブラックビューティーおしまい

 丸いゴミ箱による水耕栽培のナス・ビラックビューティー(タネはベランダで気ままに野菜つくりブログのよっちゃんさんより頂戴のお品)が、どうもなんだかしおしおな雰囲気になってきました。

実にさわってみると、張りがなく柔らかいみたい。うーん、ついにしまいどきかなあ。

実を全部とって撤収! ついでに、アブラムシがうろつきはじめた空芯菜も、結実に時間がかかるようになったバナナピーマンヒモトウガラシも撤収じゃあ-!!

というわけで、それぞれの最後の実や葉の収穫となりました。(10/10)

ナスの表皮の色がなんともはや。カビなのか傷なのか、苦闘のあとがみられます。濃い紫色になるはずなんだけどな。まあ固い石ナスにはなっていないようでよかったです。進歩したなあ、私。今年は、石ナスゼロ年になるかも~。

 いざ、調理実習。まずは、空芯菜とトウガラシ類は炒め物に。

空芯菜がとてもシャキシャキ。最後だからと、まだ小さな芽までも収穫したせいでしょう。ひもトウガラシは、やや固いので先に炒めました。なお、3本しかないバナナピーマンが行方不明ですけど、掘り出せばどこかにあるはずです。

 お次は、ナスのブラックビューティー。味噌炒めにしました。

思ったよりも分量があり、カレー皿にこんもり。あ、色気がないじゃん。青みにバジルでも添えればよかった。

 食べてみると、こりっとした歯触り。おもしろです。柔らかくなるイタリアンナス((フィレンチェ種)も魅力だけど、この噛み応えのあるこりこり感もよろしなあ~。

 さてと、食べたらおしまい。ちと淋しいなあ。
来年もナスは、柔らかいのと普通のと2種類のナスをやってみたいなあと、思いをはせてます。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| ナス | 16:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

立派に出来ましたね。歯ごたえがあるナスなんて面白いですね。

私はまったくナスには縁が無いようです。
全滅です(泣)

カプリスも石ナスになっちゃいましたよ~。
ああ~っ!
いいな♪いいな♪うらやましい~~。

| よっちゃん | 2013/10/13 12:01 | URL |

よっちゃん さんへ

よっちゃんさーん…。おナス、…そうでしたか。
丈夫なナスのタネを、よっちゃんさんの分まで私がいただいてしまったかもしれません。ありがとうございます



おかげさまで、美味しいおナスになり、私の血となりお肉となって、私の下腹はふっくらぷくぷくになりました

(笑)(いえいえ、ぷくぷくはただの食べ過ぎのせいです。)

カプリスは私もたねまきを2回しましたが、全滅です。
でもでも来年、もうちょっと早くタネまきしてまたやってみたいです。
小さい苗のときに、お日さまにあてすぎたのかぐったりしてしまったので、今度は中くらいの感じの陽当たり場

所においてみようと思います。
1回目の今年よりはましになるんじゃないかなあと期待して。

あ、よっちゃんさんのブログを拝見したら、新しい芽がいっぱい!
ぷりっと根っこが出ていて、楽しくなっちゃいます。私も何かまこーっと♪

| ともこ | 2013/10/14 20:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/744-4a49db50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT