• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2013/10/13(Sun)

大きい葉のバジルに困惑:ボロッソ・ナポレターノ

 風が吹くと、大きなバジルの葉は倒れて折れそうになるのです。そりゃあそうですわ、頭が重すぎですもん。それでも、しっかり太い茎に育てていればそれも防げるんでしょうが、うちのふにゃふにゃなバジル・ボロッソ・ナポリターノはみごとにうなだれ状態。さてどうしたもんか。
そうだ、頭頂部分の散髪をしてみよう。

こちらその切り取ったボロッソ・ナポリターノの頭頂部。左隣のバジル・マルセイユと並べてみると、いっそう大きく感じます。


 こちら、残った茎の部分。(10/9)

こんなふうに葉の根元から大きい脇芽がでていれば、そこから新しい芽でてくるはず、ですもんね。

 それから3日後(10/12)。脇芽がびよーんと大きくなりました。右側にはさらに脇芽ができはじめています。

こうなれば、新しく2本の茎ができて、めでたしめでたしでしょう。

 しかーし、おなじようにして切り取った別の株がちょっとなんだか問題ありの様相なんです。

脇芽がなかなか育ってないし、本葉がエカキムシにやられてるがな。大丈夫かい。
ん? しまった、今調べたら、摘心は下から15センチメートルくらい伸びてからやるというようなことが書いてあるではないか。いやん、早すぎたかも。復活しないかも。

 こちらは3つめ株。なぜか脇芽がなかなか大きくならない。


ならないから、頭頂部を切り取ることができず、そのままにしてました。よかった、怪我の功名だわ。

でもね、こんなにでかいと風にあおられてぐらぐらしてしまうんだよなあ。支柱がいりそう。

 そしてまた別の株。こやつは、葉っぱが縮れてもじもじした感じに育ってます。どうしたんだろなあ。

ま、そのうち気分が変わってまともになるかもしれない。ほっとこ。

 ところで切り取った葉っぱですが、すぐさまペペロンチーノにのっけて食べました。

これじゃスバゲティーがかくれちまう。このバジルはこんなふうに使うんじゃないのかもしれない。大きなピザなんかにのっけるといい感じなんだろか。ま、いいのいいの、柔らかかな葉をかみかみしながら美味しく食べられたんだもん。

 さらに、食べちまったら終わりだからと、一番先端は水につけて根を出させる作戦。

だっておもしろいんだもーん、発根の観察って。

 ときに、パープルバジルも育っております。ボロッソ・ナポリターノにくらべると小ぶりな葉っぱです。

どちらもパープルバジルなんだけど、左がけちょさんからいただいたタネで、右が市販のタネ。なぜか市販のほうがちょっと小さめなんだなあ。けちょさんがお育てになって採種なさったと思うので、きっとそのお世話の成果でバージョンアップしちゃったのかもしれません。
なお、パープルバジルは、強めの香りがお楽しみな品種だそうですが、まだほんのりです。

 春にタネまきしたバジル・マルセイユも健在。花芽がでそうになると摘み取る、なんとも非情な栽培方式。
こちら、そのマルセイユで土栽培の株。


こちら、水耕栽培のマルセイユ6株。

バジルは本来は多年草だそうですので、夜は室内にとりこみ、なんとかこのまま越冬させたいなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : シソとバジルとパセリ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • わぁ、バジルいっぱい

    いろんなバジルが育っていますねー。
    葉の大きい品種って、案外使いにくくないですか?
    我が家では、ブッシュバジルとパープルバジルがお気に入りです。
    最近になってやっと、お目当てだったパープルバジルが元気になってきてくれました。
    なんと、バジルは多年草なんですね!!
    バジルとしては、多年草のトマトをこの世に置きざりにしては死ねないってことかしら?笑

  • yaefit1500 さんへ

    yaefit1500さんとこは、ブッシュバジルですか。ブッシュバジルを存じ上げす、検索して知りました。いいですねえ。小ぶりな葉がこんもり。たっぷりといただけそうです。よしっ、今度は私もそれにしたいです。

    あ、そうなるとうちのでかバジルはどーしようかなあ。サラダ菜みたいにサンドイッチにでもはさむしかないですね。けど、サンドイッチめったに作らないし。お味噌汁の具になってたりして(笑)

    「多年草のトマトをこの世に置きざりにしては死ねないってことかしら」ってフレーズに、ワハハ~です。
    なるほど! トマトとバジルは切っても切れん仲ですもんねえ。

    パープルバジルがお元気とのこと。たしかノーマルバジルの中でひっそりとなさっていたように思いましたが、復活なさったんですね。めでたしめでたし。きっといい香りがしてることでしょう♪

    あ、台風だそうです。どうぞすくすく農園さんもご無事で!!

Home Home | Top Top