園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

種からお初栽培のトウガラシ「甘とう美人」:長生き

 水耕栽培の甘とう美人が、夏すぎて秋もすぎようという11月になってもまだ健在。(撮影:11/16)


まだまだ、花も実もあるお元気印なようで。

とはいえ、生長はとてもゆっくりで、なかなか大きくはならんようです。

とまあここまで記録して記事にしようと思ってましたらば、ちょいと時間がたちまして、もう12月になってしまいました。

本日の姿はこんなです。(12/9)

うーん、前回(11/16)とさして変わっていないように思われますが…。

実のほうは、どうなってるんでしょう。

おやまあ、ちょいと大きくなっているような?

なかには、ぼちぼち収穫サイズになってるのも1個だけ発見。

やるもんですなあ。このところ、気温がぐっと下がってきているというのにねぇ。(ここ青梅市は、最低気温0度くらい。最高気温10度前後だそうです。)

 そういえば、去年はベランダのこの同じ場所で、食用ホオズキがやはり花や実をつけながら越冬したのでした。あのときも水耕栽培だったのに、液肥は凍らなかったのかと不思議です。もしかすると、風があまりあたらないところなのが幸いしたのかもしれません。

 さてさて、どこまで長生きしてくれますやら。冬トマトならぬ、冬トウガラシになるかも?期待しちゃうなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| トウガラシ | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/759-66826f7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT