• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2013/12/16(Mon)

ユーマイサイ:収穫量と廃棄量

 ユーマイサイは9月初めに種まきしましたが、その後傷んだ葉が多く、なかなか収穫できずにいました

 それが、寒くなってきた先月の末頃になるとだいぶましになってきて、ぼちぼち収穫できそうになりました。(撮影:11/26)

けっこうふさふさであります。

ではでは、お初収穫といきましょうか♪(11/30)


しかしです。こんなふうに、痛んでいる葉も収穫量と同じくらいありました。


どこがどう痛んでいるかといいますと。

この黒い点々が怪しい。ハダニなのかなあ。
それでもまあ、10月頃よりは痛み方は少なくなったようです。すこしは回復したみたいかな。


 12月にはいりました。最初から数えて3度目の収穫をしようと思います。こちら収穫前。(12/4)


つみとった葉は、20数枚でしょうか。いつになく美しい!


こちら、没になった葉っぱ。10枚程度だから、ま、いいか。



 その後、4度目の収穫。(12/13)

左下が収穫した葉。右が没の葉。没は、なかなかゼロってわけにはいかないみたいですなあ。
でもまあ収穫量の方が上回っているので、うれしいです。

それにしても、寒くなるにつれ、収穫できるような合格葉っぱが多くなってきたように感じます。寒さが虫の活動を妨げているのかも。ということは、うちでユーマイサイを育てる場合、寒くなる冬の方が向いているってことかもと思ったりしています。

 なお、このユーマイサイは、プラコップの水耕栽培で全13株あります。そのうちの1株だけは、プラコップが並ばなかったので、お茶パックにはいったまま、コップとコップのすき間につめこみました。それでも、コップにはさまれているせいか、倒れずにすんでます。

こうやって摘み取り収穫していったら、はたしてどれくらい収穫できるものなんでしょうねえ。
とうだちはまだのようなので、もうしばらくは楽しめるでしょう。

 てなわけで、真冬の常備葉物野菜として、うちでは最も期待されるユーマイサイ。すでに第2弾も準備中。(12/16)


我ながら、段取りがじょうずになってきたかしらん。
あ、しまった! 年賀状書きが今だ手つかずでおました。段取りもなにも、年末準備の方はなーんにもできてませんがなもし。ふぇ~…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : ユーマイサイ |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • こんばんは~☆

    ユーマイサイとは面白い名前の葉物ですね!
    初めてです!

    何となく中国野菜的な響きですが、どのようにして食べるのですか?

    細長い葉がとてもきれいで、軟らかそうですよ

    少し気になってコメントさせて頂きました
    調べてみようと思います♪

  • その痛んでる葉の黒いブツブツは、私の天敵、アザミウマ(スリップス)のフンです(><)。
    この寒さでは外にはもういないと思います。
    もし室内に入られたら、年中居座って追い出すのに苦労しますので、ご注意です。

  • ミーママ さんへ

    研究熱心なミーママさんは、もうお調べになったかもしれないなあと思いつつ、書きます。

    ユーマイサイは、レタスの種類だそうです。葉が柔らかいからサラダ菜みたいな感じもします。
    種を売っていらっしゃるサイトでは、「大葉油麦葉」とも書かれていました。なんか、おもしろい漢字表現です。ミーママさんのご明察のとおり、中国野菜でした。

    サイトの解説によりますと、
    「中国上海では大人気のレタスです。細長い緑の葉は、歯ざわりがとてもよく、ビタミン・カルシウムなど栄養豊富で、甘味の感じられる風味は独特で大変美味です。栽培も容易で、暑さや寒さに強い性質です。生でサラダに、また名前のとおり油と相性がよく、油炒め・和えもの・スープの実やしゃぶしゃぶなど様々な料理に利用できます。 」とありました。

    私も育てるまでは、お店などで実物を見たことはなく、どんなもんなんだろなあと思いつつ種まきしたようなわけでして。
    そんなもんだから、お料理法も手探り状態でして。
    生で食べると、やや苦いという方もいらっしゃるみたいですね。
    茎のところはちょっぴりシャキシャキかなあ。そのせいか、サラダ菜ほどにはへたらないみたいです。
    うちでは、生で切ってかつお節をかけるとか、ポン酢をかけるとかしてます。
    ラーメンにもよく入れます。
    炒め物もしてみたいけど、それほどたくさん収穫できたらいいんですけどねぇ。

    あ、栽培ですが、たしかに他のレタスよりは丈夫みたい。
    うちでは、水耕栽培でレタスを育てると、よくとうだちしてしまいがちなのですが、ユーマイサイはわりあいとうだちが遅いみたい。夜はベランダから取り込んで、室内の蛍光灯のあるところにおいてるのですが、それでも長持ちしてますもんね。
    上に背丈が伸びるので、プラコップでの単位面積当たりの収穫量が多め、ってのが売りでしょうか(笑)

    とはいえ、レタスなんで、食べたらすぐなくなります(笑)

  • いずみ さんへ

    げげっ!! これが、かの悪名高いアザミウマでしたか。しかも、そやつのフンだったなんて…。
    そんな葉っぱ、けっして食べたくはありませんわ。(いや、うっかり食べちゃったかも?!)

    このぶんではとっくに居座ってますね。とくにこの数日雨だし寒いしで苗を室内にしかおいとけなかったので、たぶん大量発生してるかも、です。
    とりあえず、きょうはベランダにすべての苗を出しました。
    とはいえ、ベランダ温度が20度をこえているようですので、退治どころか、繁殖してたりして。うえーん。

    ほんっと、私にも天敵となりました。まあ、敵が誰であるかを知っただけでも上達もんです。素晴らしいです。
    いずみさん、ありがとうございます!

  • ともこさん、有難うございます♪

    ちょっと疲れが出て、まだ調べていませんでした!

    来春に種蒔きしようかしら♪

    種をネットで探して見ますね

    栽培は参考にさせて頂きますよ(^O^)
    楽しみが増えました~(^^♪

Home Home | Top Top