菜花の「チーマディラーパ」とかき菜の「さちうら」:フサフサでムチムチ

2013.12.28 19:24 | EDIT

 春先につみとって食べようというわけで、菜花のチーマディラーパと、かき菜のさうらを育てています。
12月7日には、このようなかんじでした。左がチーマディラーパで、右がさちうらです。


それから2週間ほどのち。(12/20)

ずいぶんと茂りました。もうベランダが歩きにくいったらありゃしない。ことに、さちうらの巨大さには圧倒されます。今まで育てた野菜のなかで一番大きかったのが、カリフラワーの連山2号(ロマネスコ)でしたが、それをしのぐ勢い。うーん、ベランダの横幅が足りんではないか…。

 ほかにも、同じ種で水耕栽培をしている株もありまして。
12月7日。左がチーマディラーパ。右がさちうらです。


約2週間後(12/20)。
は、脇土栽培よりは小ぶりだけど、横広がりになってます。特に、右のさちうら君。きみの態度はでかすぎるんじゃないかと思いますけどぉ。

 しかも、このさちうらの根元をごらんくださいまし。

ムチムチ。肥大してカブになってますがな。直径9センチの穴鉢のふちに、今にもくっついてしまいそう。このぶんでは穴鉢を引き裂いてしまうにそういない。即刻、移し替えてやろうじゃないの。と、さらに下の根元の容器をめくってみれば…。

カブの太り方はすさまじく、根元はまるでたこ糸からはみ出た焼き豚状態。黒い網がはちきれんばかりじゃござんせんか。

まいりましたなあ。
もしかすると、穴鉢の網部分をハサミで切り開いたほうがいいのかもしれません。
そうすると穴鉢が没になるんだけど、一鉢20円+送料程度なんだからまあいいか。

それにしても、不思議です。どうしてまたカブなんかになっちゃったんでしょう。おなじさちうらでも、土栽培のものは普通の根っこなんだけどなあ。


 ところで、水耕栽培のチーマディラーパに、花芽がつき始めたようです。

もうじき、お初に摘み取って収穫できそうかも。さて、どんなお味なんでしょうねえ。ネットには「ほろ苦さと、辛味、ナッツに似た風味を持ちます。菜の花、からし菜、ルッコラをあわせたような不思議な野菜です。」とありましたが。お初栽培なもんで、わくわくでござんす。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 葉菜類 - かき菜・菜花
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

チーマディラーパは蕪だけど、さちうらが蕪になっちゃったんですか(⌒▽⌒;) オッドロキー

うちのはまだそういう兆しはありません。
チーマディラーパは同じように蕾が見えてきました。
どこで収穫したらいいのか、摘芯はするのかなど全然わからないので、放置しています。
ともこさんのほうが育ちが早いので、レポ期待してます_(^^;)ゞ

いずみ | 2013.12.29(Sun) 13:47:00 | URL | EDIT

チーマディラーパが蕪だったとは、知りませず。勉強になりましたぁ!
いずみさんのところでも蕾がご登場とのこと。わあーい、おんなじだ、これでよかったんだと安心しちゃってるのは、私のほうです。
摘芯したら次のが生えてこなかった、なーんてことになりはしないかと、今からドキドキもん。
失敗して観葉植物化しちゃったら‥‥。ハボタンになるんでしょうか(笑)
そしたら、キャベツだといいはって、葉っぱだけでも食べることにいたしましょうか(;^_^A
いずみさんに、まずはお毒味していただいたりなんかして(こらこら)
未知の野菜。たのしみです♪

いずみ さんへ | 2013.12.31(Tue) 01:21:21 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード