園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちゃんこネギ:種まきから4ヶ月の背比べ

 10月に種まきしたのだが、ちっとも大きくならないちゃんこネギ。爪楊枝サイズの太さでしかない。寒い中ベランダにおきっぱなしだったからだろうか。(撮影:1/18)


 そこで、せめて夜だけでも鉢を室内にとりこんでみることにして、5日後。
ど、どんなもんでしょうねえ?

なんとなく太めになったような。爪楊枝から竹串サイズをこえたような気がするのだが。もう少し、このままでいってみることにしよう。


 ところで、上の土栽培と同じときに種まきした水耕栽培の株は、かようにあいなりました。(1/23)

後方が水耕栽培の株で、手前が土栽培なんですわ。えらい差のつきようでして。どうしても、同じときに種まきしたとは思えん図体です。
まあねえ、水耕栽培の液肥が凍ってはいかんからと、夜は室内に入れて暖めてやる溺愛ぶりでしたから。

身長測定をやってみました。60センチの物差しを、壁の真ん中にセロテープで貼り付けてます。
左のペットボトル栽培2鉢→60センチくらい
真ん中の大きいプラコップ栽培2鉢→40センチくらい。
右の小さいプラコップ栽培2鉢→ほぼ40センチでしょうか。
…ということは、プラコップの大小のちがいくらいじゃ、生長にはあまり差がないということになりそうです。

それにしても、ペットボトル栽培のものはずいぶんと背高になりました。苗が倒れそうなので、鉢のまわりをプラスチックの薄い板でおおっているけど、もう限界かも。一枚の高さじゃ足りないから2枚をセロテープで貼り合わせて高さをだしているくらいだもの。3枚貼り合わせたら、さすがに横倒しになったりして…。
欲ばってみるか、それとも、あきらめて収穫するか。なんとも悩ましや~。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| ネギ | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/779-6eaa760e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT