かき菜の「さちうら」:ペットボトル栽培の収穫

2014.02.23 09:03 | EDIT

 栽培写真を一度もとらないまま収穫してしまった、かき菜のさちうらです。(撮影:2/22)

2リットルのペットボトルで水耕栽培してましたが、葉っぱがやけに固くなってきたので、全部収穫することにしました。
かき菜の種類なので、本来ならもっと大株にし、その後とうだちした葉と茎を摘み取るのでしょう。でも、今うちには大きな容器のゴミ箱を置く場所がないので、これくらいであきらめなくちゃなんだなあ。

あーあ、こんなごわごわのキャベツの外側みたいなのって、まずそう。
でも、すてませんよ、あたしゃ。ざるに山盛りの葉物野菜にはちがいないんだもん。

全部をビニール袋に入れてチーン。

ありゃま、なんとも麗しい緑色じゃあござんせんか。不思議。どーなってんだ?
これなら見た目、普通に青菜としてお出ししてもよい風体じゃござんせんか。

さて、お味見。なんだ、美味しいじゃん!
そりゃまあ外側の茎は若干筋ばってはいるけれど、あま~い。これなら、もう少し早く収穫していれば文句なくよろしいお浸しになっていたにちがいない。
そうか、かき菜はかき取って食べるものだとばかり思っていたけど、こうして若いうちに収穫する方法もありかもしれん。ことにペットボトル栽培程度なら手軽だものなあ。

こちら、ちっとも手軽じゃなくなった土栽培のさちうら。横幅80センチはありそうな大株。(2/23)

おじゃまな大木ぶりです。これなんて、外側の茎とか葉を食べたらそうとう固いでしょう。ここまできてしまったら、もはや本来のとうだちを待つしかないと思われます。

とはいえ、いったい「とうだち」ってどこのこと? これのこと?

びよーんと立ち上がってくるもののことだと思うんだけど、こうして葉をかき分けてみないと中心部分が見つからない程度じゃとうだちとはいえんのだろうなあ。
もうさあ、待ち切れんのですよ。種まきが9月始め頃だから、かれこれ5ヶ月あまり。春、まだあ?

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 葉菜類 - かき菜・菜花
Permanent Link | Comment(10) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

>ともこさん、こんにちは☆
菜花類は私も現在初めて育てていますが、ともこさんが今回発見されたのは頂花蕾ですね。
開花すると固くなっちゃうので蕾のまま収穫してしまいましょう。
側花蕾もどんどん伸びてくると思うので、その都度収穫するようになると思います。
豊作まであと少しですよ♪

缶こーひー | 2014.02.23(Sun) 12:56:03 | URL | EDIT

うちも蕾かもしれないものが、のぞいている程度です。
カキナは3月以降が収穫期なので、もうちょっとかかるなあとうずうずしてましたが、葉っぱも美味しいんですか。
楽しみが増えました♪
そろそろ暖かくなるようですし、待ち遠しいですね(^^)

いずみ | 2014.02.24(Mon) 07:15:27 | URL | EDIT

春っぽい(笑)葉っぱになっておりますな。
花芽いっぱいできるといいですねえ。

そうそう、種を頂いた子持タカナが大きくなってきました。
葉っぱはまだやわらかくおいしそうですが、我慢しています(笑

rune | 2014.02.25(Tue) 01:24:19 | URL | EDIT

初めまして

初めまして

ブログ拝見させて頂きました。

ぼくは、水耕栽培の情報と作り方というブログをやっています。

また拝見させて頂きます‼

宜しかったら僕のブログも見てください。

水耕栽培を中心に記事にしています。
http://www.begefru-greenfarm.com/blog/

水耕栽培士 | 2014.02.25(Tue) 12:36:53 | URL | EDIT

小さいうちに

うちではだいたい5~6センチで採ってしまっています。
売ってるとう立ち菜もあるんですが、私には少々育ちすぎのような気がして……
根元がぽきっと手で折れる位置で収穫するのがおすすめです。つぼみが小さいうちなら、根元まで全部食べられますよ。

もん | 2014.02.25(Tue) 15:17:39 | URL | EDIT

缶こーひー さんへ

おお「頂花房」というのでしたか。「ちょうかぼう」と読んでいいのかなあと、不安になったりなんかして(笑)
「側花雷」は、「そくからい」。よっ、勉強しましたぞ。
私、農業専門用語ランクが2ポイント上がった、かも?

花芽が開花すると茎は固くなってしまうのですね。なるほど、それで早めに収穫するといいってわけですね。
はーい、ありがとうございます。了解です♪

はあ、それにしてもかき菜の収穫までの道のりは、なが~~~~~いのですね。
どう見てもただの草にしか見えない日々なので、むなしさがついこみ上げてくるのでございます。
「豊作まであと少し」ですか。ありがとうございますだ。よおし、待ちますとも!

ともこ | 2014.02.26(Wed) 08:58:40 | URL | EDIT

いずみ さんへ

いずみさんのところがまだ蕾なら、うちのはまーだまだですね。なんか安心いたしました。
えっ、収穫期は3月以降…。が、がまんできるかしら。
葉っぱが固くても食べられるとなると、せっかちな私にはもはや拷問です。

しかし、いずみさんはちゃんとお待ちになられるにちがない。わたくしも見習わねば。

おや、気候はこれから暖かくなるのですか。わー、うれしいな。
こちらは屋根にも道にもまだ、たんまり雪が残っていたりしますので、暖かさがほんに楽しみで楽しみで。

あ、いずみさんに頂いた種から、ピーマンやナスのちっちゃい苗が育ちつつあります。
おかげさんで、うちにも、春、きてます♪

ともこ | 2014.02.26(Wed) 09:19:55 | URL | EDIT

rune さんへ

ややっ、子持タカナがすでにお育ちでしたか。
いいですねえ。いいですねえ。摘み取ってぐびっとお祝いする日が近づいてますね。

うちのは、runeさんのあとを追いかけてる感じかも。葉っぱ柔らかいです。狙っちゃいますよね、つい。
だって、外側の葉なんて、ほっといたらだんだん黄色くなって朽ちていってしまうんだもの。
それくらいなら、まだ小ぶりなうちに食べてしまった方がいいんじゃないのお、と思ってしまうのであります。

うーん、我慢はたった二文字だけど、これがむずかしいです。runeさんに「葉っぱ、美味しかったですよー」って、夜な夜なメールしてそそのかしたりして(笑

ともこ | 2014.02.26(Wed) 09:31:10 | URL | EDIT

もん さんへ

わー、「ぽきっと手で折れる位置」というのがめやすでしたか。うん、これなら私にもできそうです。
わたしったら、菜花なんかも、なんとなくハサミで切ってました。これじゃあ、なーんもわかるわけないですよね。なるほど、野菜も触診が基本なんだなあ。お医者さんみたい♪

5~6センチというのにも、なるほどです。
たしかに、スーパーなどで買ってくる野菜はたいてい、アスパラだって菜の花だって立派に大きいけど、根元が固いことがままありますものねえ。しかし、もったいないから固いところも食べますが。

もんさんのおかげで、私の収穫時期を選ぶカンは鋭くなったにちがいありません。
あとは実践あるのみ。さちうら君、さあいつでもとうが立ってくれていいんだぞっ!(すっかり威勢がよくなってます。) 

ともこ | 2014.02.26(Wed) 14:09:32 | URL | EDIT

水耕栽培士 さま

はじめまして。お越し頂きありがとうございます。

水耕栽培の記事を書いておいでとのこと。
小さなベランダでもできる気楽な水耕栽培がうれしいです。
少ない資材でたのしめる水耕栽培の記事を拝見できたらいいなあと期待しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

ともこ | 2014.02.26(Wed) 14:17:23 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード