園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

ナスとピーマン:ゆっくりゆっくりな生長

2014.02.28.Fri
 いずみのベランダ水耕覚書のいずみさんからいただナス2種類とピーマンの種。その種まきをしたのが1月12日ごろ。12日後の24日ごろに発芽しました。

ここまでは、すいすいだったんですが、それからはちっとも変化せず。

約1ヶ月後。ようやく本葉が出始めました。長かった-。寒いせいでしょうか。(撮影:2/26)

左の縦一列が、ナスのリスタータデガンジア、中央もナスで黒福。右がピーマンのデカチャンプです。

ナスのリスタータデガンジアの実は、紫と白のしましまになるそうです。イエーイのポーズ。

種屋さんのサイトに、「肉質はやわらかく、クリーミーで味も絶品!」との記述あり。たのんまっせ。

こちらは、ナスの黒福。

紫色で「果皮はやわらかく、太りのよいおいしい中長ナス」になるそうな。早生で、暑さに強く、長く収穫できるとのこと。そうそう、丈夫がなにより。期待してま~す。

ピーマンのデカチャンプは、双葉もでかい。実はソフトボールくらいにもなるそうです。

苗も大きくなりそうだなあ。

ナスとピーマンは、なにしろゆっくりな生長っぷりでして、大丈夫かいなと心配しちゃいました。この冬は雪が降ったりして寒かったせいでしょうか。

 そうそう、2回目の雪が降ったあと2週間たっても、ここ青梅市はまだ雪が残ってましたからねえ。(2/26)


駐車場や脇道には、まだたんまり固い雪。

道路によっては、2車線のうち1車線分しか通れないところもあります。雪かきした雪の持って行き場がないので、道に積まれたままになっているのでした。トラックが何度もやってきて運んでいたけど、どこに運んでくださったんだろう。川だろうか。そういえば、川が雪で埋まってたなあ。その上を人が道路のように歩いてたっけ…。

 雪のそばを通ると冷涼な空気がスーッとほおをなでます。雪って保冷剤なんだなあ。
ご近所を歩くときはいつも長靴。溶けた雪で水たまりになってても、凍ったままのところでも気兼ねなく歩けるのがうれしいです。この気楽さがうれしいです。せっかくだから、晴れた日でも履いてたりして♪

 とまあ、そんなこんなの雪模様でしたが、今日2月28日は、うってかわって春の陽気。おかげさまで雪はとけ、ずいぶんと地面が見えてきました。なんだか、ほっといたします。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

2014-02-28.Fri 20:39
ともこさん、こんばんは☆
わぁっ!
めっちゃ雪残ってますね(>_<)
そちらはまだ寒いんでしょうか?
兵庫県は、今日なんかは冬物コートは置いていきましょうと予報があるくらいでしたよ(^o^;)
夜は秋物では多少冷えましたが…
寒いとなかなか野菜たちの成長が遅くてモヤモヤしちゃいますね。
春はもうすぐですよ!
URL|缶こーひー #-[ 編集]

缶こーひー さんへ

2014-03-01.Sat 16:53
いや~兵庫県は、こりゃまたあったかそうですねえ。
コートを置いていきましょう、ですか。なんて爽やかなんでしょう。
種まきなさった野菜もぐんぐんお育ちになってますね、きっと。
はは~ん、ということは、春はだんだんとこちらにも向かってきているってことですね。

こちら、昨日だけは19度と、妙にあったかかったけど、今日はまた冷え込んで7度くらいの雨模様です。
したがって、野菜は室内に隔離。人間は寒くて甘酒を飲んだくらいです。

ああ、もう少し、あと少し…と春を待つことにいたします。
URLともこ #VgdABggw[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック