子持タカナの漬け物:辛味成分のゆくえ

2014.03.30 16:57 | EDIT

子持タカナの外側の葉を漬け物にしてみました。(撮影:3/23)

けっこうたくさんあると思ってたんだけど、漬けたらぺっちゃんこ。容器の底から2センチくらいしかありませーん。しょぼん。

まあ、いいさ、盛りつけてみよう。

しかし、味は…。浅漬け風味の青菜味。これはこれでよろしいけれど、楽しみにしていた辛味が消えちゃった。
なんでも、「熱湯に入れるよりも、2度漬けにするほうが辛味が残る」というネット記事を拝見し、まねしてみたのですがねえ。
浸かり具合をたしかめるため、簡易漬け物器の蓋をあけてのぞいてるときは、すーすーと辛い風味がたっていい感じだったんだけどなあ。辛さは空気にふれると消滅してしまうものなんだろうか。
むむぅ、残念でござんした。

 なあに、じつは子持タカナは、まだもう一株残っているのでございます。よーし、こんどこそ!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - つぼみっ娘(こ)・子持タカナ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

ともこさん、こんばんは☆
からし菜系は、辛味が残る料理が難しいようですね…
私もCOOKPADで検索してみましたが、下処理方法は様々でした。
先日話した種子のことですが、じっくりで結構ですよ\(^o^)/
これからの種まきならハーブも、キュウリなんかの夏野菜もいけますからっ♪

缶こーひー | 2014.04.04(Fri) 22:54:32 | URL | EDIT

缶こーひー さんへ

そうでしたか、缶こーひーさんもお調べくださったんですね。
ありがとうございます。
ほんと、からし菜ってむずかしいんだなあとあらためて思いました。
せっかくなんで、私もCOOKPADを拝見し、これからもまたいろいろと試してみたいなあと思ってます。
なんせ、種袋にはまだ種子がいーーーっぱい残ってるんですもんね。
失敗しつつ、なんなとやってみなくっちゃ、です(笑)

だいぶ遅くなりましたが、チコリの種子のことにつきまして、先ほどライブドアのサイトから缶こーひーさんにメールをさせていただきました。使い方が不慣れなもんで、うまく届くといいんですが…。

ともこ | 2014.04.11(Fri) 17:03:36 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード