園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨年11月初旬に種まきしたトマトに、小さな実がつきました。

 ベランダ水耕菜園のruneさんからいただいた中玉トマトの種・フルティカに実ができてました。(撮影:4/7)

いつのまに! 1個、2個…5個はゲットできそうです。

株の全体像は、こんな感じ。高さ1メートル20センチくらいでしょうか。花芽は5段めまでついてます。


なかなかに元気な株のようで、一房に花がたくさん。頼もしいかぎり。

ぜひその勢いにてお願いしたいです。


つづいてこちら、ブラックゼブラ
今育てているトマトの中で、最も枝ぶりがいいといいますか態度がでかい中玉トマト。

背丈は先ほどのフルティカと同じくらい。

これの茎が、えらくガッシリタイプ。

葉も厚みがあって大きく、なんとなくがさつといいますかなんといいますか。

そんな雑草みたいなやつにも、実ができていました。


この実のところから、先端の花があるところまで、びろーーーんと実をつける枝が伸びてます。

ネットの種屋さんの紹介文によれば、このブラックゼブラは、「果重は90~120グラム。直径6cmほどの丸い玉」になるのだとか。一方フルティカは「40~50グラム」。直径の記載はなかったけど、3センチくらいでしょうか。「中玉」といってもでも幅があるんでしょうね。

 一方こちら、細身で心配だったスーパースノーホワイト(これもruneさんから頂戴した種)。今はだいぶしっかりしてきたみたいで、無事花盛りです。

これは3段目と4段目です。実は、ピンポン玉くらいの大きさでクリーム色になるそうな。これなら卓球もたのしめるかも♪

 そして、これらの苗よりもさらに育ち方が弱々しくて気がかりな苗が2種類あります。
一つは枝葉がやけに細いパープルロシアン。左は土栽培で右が水耕栽培の株です。

なんというか、ほっそりしすぎて柳みたいなんだなあ。茎がくにゃくにゃして頼りなく、支柱に何カ所もくくりつけないと寝転がってしまうというありさま。いっそ地這いにしたほうがいいのかも、と思ったりしています。

そんなパープルロシアンにも、どうやら実がついたようです。

長さ7センチくらいのプラム形をした茶色の実になるのだとか。「傷がなく裂果しない」というのがウリだそうですので、案外頑丈な品種なのかもしれません。

もう一つの気がかりなトマトが、コストルートジェノベーゼです。左が土栽培で、右が水耕栽培の株。

土栽培がちっちゃ! 同じ品種でこうも育ち方がちがうのだと思わずにはいられません。

栽培方法のちがいがあるのかもしれないのですが、土栽培の株を1本立てにしなかったのが原因かもです。

なにせほったらかしだったため、脇芽が野放図に生長。いつのまにやら5本立てにもなってました。いかんなあ。
なんとか1本に絞りたいところですが、これがなんともはや悩ましい。どの枝の先端にも花芽がついてるんだもん、決めかねるじゃないか。

やっとこさ切り取ってもですねえ、挿し芽にしてしまう「もったいない病」を発症してしまうんだなあ、これが。


ベランダじゃあ、トマトの苗が5種類あり、同じ品種のを水耕と土栽培それぞれ2株ずつ。全部で10株がひしめいているんでした。


あ、でも一応株と株のあいだに若干の通路は確保できています。

このわずかなすきまに立って受粉作業をするのは、なかなかに身の細る思いであります。
…とかいって、ほんとに細るわけもなく、実際はあちこちの葉にぶつかりながら(折りながら)作業するもんだから、服が緑色まみれになるのでした。トマトの葉って色落ちするんだよなあ。まあ、洗えば落ちるので、いいんですいいんです。

 それにしても、これからが厳しい環境になるベランダであります。今ぐらいまでは絶好調の日射しが入る南向きベランダですが、じきにお日さまが真上にいくので、だんだんと日が入らなくなることでしょう。たしか7月ごろは、2時間くらいしか直射日光があたらなかったような。なんとかそれまでに、ちょっとでも生長が進んでくれるといいんだけど、どうかなあ…。

 あ、そうそう。4月にはいり暖かくなってうれしいことは、トマトの苗をベランダに出しっぱなしにしておけるようになったことです。それまでは、夜は室内に、朝はベランダへせっせと鉢を運んでましたもの。11月の種まきからじつに4ヶ月あまり続けていたことになります。われながら勤勉なり。なーに、狭いマンション室内なんで、どーってことない距離なのでした。これくらいじゃ、たいしたカロリー消費運動になりゃせんじゃろなあ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| トマト | 16:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

早いですねえ

トマトにもう実が付きましたか!うちはまだ双葉になってませんよ。
今年は4月から育苗してますので、少し遅めです。
何より3月の寒さが影響してますね。そちらは昨日は夏日だったでしょうか?同じ日本なのに気候はこうも違うのか、とびっくりです。

| もん | 2014/04/11 19:11 | URL |

ともこさん、おはようございます☆
トマトの数スゴいですね~!
もう実がつき始めたんですね♪
それだけ数があると受粉が大変でしょう…(^o^;)
頑張って下さいね\(^o^)/

| 缶こーひー | 2014/04/12 11:01 | URL |

もん さんへ

あ、そうそう、その日は暑い日でした。都内ほどではないですが、ここ青梅市も日中は20度くらいになり、汗ばむ陽気でした。朝は5度とか9度とかです。

もんさんがこれから育苗をなさると伺って、ほっとしております。
じつは、自宅用の苗とはべつに、ご近所の方に苗をさし上げようと思って3月中旬に種まきしたのですが、それがちっとも大きくならず、どうしたもんかと思っていたのでした。
もんさんに、これからでもまだまだ間に合うのだと教えていただいたみたいでうれしかったのです。

3月は御地も寒かったのですね。こちらもそうでした。きっとそのせいでうちでも小さい苗が育ちにくかったのかもしれないなあと思ったりしています。
きっと5月までは油断ならん気温ということかもしれないです。

あ、もんさんの畑がどんどんたがやされてるみたいですね。ひろ~びろとして気持ちいい空も拝見できて楽しみです。ジャガイモに憧れるなあ~♪

| ともこ | 2014/04/17 19:51 | URL | ≫ EDIT

缶こーひー さんへ

ありがとうございます、缶こーひーさん。頑張りますっ。

うちはマンションの上の階なので、めったにハチがきません。茎を揺らして受粉させる方法もあると聞きますが、筆の方が確実な気がして、早朝のベランダでせっせと筆を動かしています。
しかも、トマトは5種類あるので、5本の絵筆を用意し、それぞれの品種ごとに筆をとりかえたりなんかして。ています。なんとなく、混ざっちゃうのもなんだかなあ、てなわけで。
…とまあ、我ながら勤勉です。

うちのお掃除とかもこれぐらいちゃんとやれたらいいんですけどねえ(笑)

| ともこ | 2014/04/18 19:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/798-2639f201

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT