子持タカナの収穫 第2回目にて終了

2014.04.11 16:24 | EDIT

あたふたしておりました。3月に載せそこなった遅ればせの記事です。
---------------------------------------

 2株ある子持タカナの、これは2株め。子持タカナは、これで最後です。(撮影:3/25)

葉の先から先までが、50センチくらいでしょうか。

さて、どれくらい子持部分ができているのでしょう。

葉をめくると子持部分が見えてます。真ん中のところは花がもう咲きそうな感じ。急いで収穫しちゃおーっと。

根っこより上を分解したら、これくらいのものがありました。前回と同じくらいの分量でしょうか。


はいっ、こちらの右下部分が主役の子持でございます。後に葉っぱがくっついてるのでした。


その子持部分をはぎとった残りの芯がこちら。

芽をはぎとった跡が白くえぐれてます。これも残さずいただきましょう。表面のでこぼこを削り取れば、柔らかいので大丈夫。ブロッコリーの茎みたいな感じがします。

では、いざ調理。子持の天ぷらは、こんどこそ素早く揚げたので、からっと成功。

近頃の天ぷら粉はいいなあ、簡単で。卵いらず、氷水いらずですもんね。

大きめの葉っぱは千切りにしてポン酢あえ。白い茎は酢味噌に。

はい、もうおいしゅうございましたとも。満足満足。子持タカナ、全身くまなく食べ尽くしました。どうもごちそうさまでございました。
あ、しまった、根っこは食べてなかった。もったいなあ。あれって、きんぴらみたいにして食べられないのかなあ、と思うのでありました。チャンチャン♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - つぼみっ娘(こ)・子持タカナ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード