園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かき菜(さちうら)の脇芽のかきかたは、いかに。

 秋に種まきして、冬中かかってようやく大きくなったかき菜のさちうら。身長と横幅ともに60センチくらいでしょうか。

よっ、待ってました、です。これからは、脇芽が出てどんどん収穫できるだろうと期待に胸ふくらんでおるというのに、その脇芽が出てこんのです。ちらりほらりと数本だけ。どうしてかなあ。

そう思っていましたら、先日ご近所の方から、かき菜の脇芽の摘み取り方っちゅうもんがあるのだと教えていただきました。

ポイントは、「脇芽をつんだ茎のあと(薬指あたり)から、上の一枚の葉を残しておくこと。」なんだそうです。

この残した一枚の葉と茎との間に新しい脇芽が登場するから、絶対にこの葉っぱを切っちゃいかんのだそうです。これより上ならば切ってもよろしい。

それなのに、私ったらみごとに失敗してるんですなあ。ほらね。

切り取った茎のすぐ上をちょん切ってしまってるんだもん。なーんにも出てこないわけだ。

これなんか、もう絶体絶命。そこらじゅう切り口だらけになってますがなもう…。


よおしっ。今度からは慎重にやろうぜ。せっかく出てきた脇芽です。

この一枚の葉っぱを残してやらにゃあいかんぞよ、と、肝に銘じるのでありました。

そして、この日ひさーーーしぶりに収穫した数本。


レンジで、チン。ほんの数分。

小鉢の白いありあまる空白は、上品な盛りつけだと思うことにしよう。
あ~、どんぶり山盛りいっぱいによそって、わしわしと食べてみたいなあ、かき菜。しょぼん。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| かき菜・菜花 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/800-1251ceea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT