• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2014/05/23(Fri)

種から栽培のキュウリ:千成(せんなり)とシャキット

 種から栽培というからにはまず、種を買うところからでしょう。いやその前にまず、今までの反省を踏まえ、冷静に分析検証してのちといたしましょう。なんせ、日頃はほぼ衝動買いですからな。特に、キュウリ。あれはどうも失敗がおおございましたからね。
かくして、いつになく品定めに数日を費やし、選び抜いた珠玉の種(?)がこちらの2種。

その1:シャキット(タキイ種苗/17粒/500円+送料100円/Amazon経由てしまSTOREにて販売)

選んだ理由は、うどん粉病やウイルス病などに強いとのふれこみです。去年は、水っぽさが少なめのキュッとしまった味に惹かれ、四葉系(すうようけい)という、イボイボで細長いキュウリを育てたものの、うどん粉にかかってあえなく撃沈。〈味がよろしくても、病気にかかりやすくてはいかん〉と学んわけです。
そこで今年は、種袋に「病気に強く家庭菜園に最適な短形四葉!」てなサブタイトルがついたシャキットにおすがりしようと思ったのでした。

その2:千成(せんなり/中原種苗/8粒/540円/Amazon経由日光種苗にて販売)

 なになに、シャキットだけで充分じゃないか。狭いベランダなんだし。まだ他にもなんぞ買おうというのか、てなところですが、保険用にもう一品、趣の異なる品種も育てておこうと考えました。あるやもしれませんからな。

思い出してみるに、これまでのキュウリ栽培中(といっても数回ですが)、最もよく量を収穫したのは、タイの種(たぶん、品種はテンクワ/はっぱの笑子らいふのはっぱさんから頂戴のお品)です。うどん粉にもならず、なにしろよくとれました。ミニサイズで皮が固めなので、おそらくピクルスにするようなキュウリなのでしょう。けれど、私は好きだなあ、タイのキュウリも。

ではいざ、テンクワを! と、ネット検索したら、販売先が1カ所しか見つからず、不安になってしまった。海外ものの種を買うって勇気がいる。今年は堅実を目標としているしなあ。
結局、安心感から国産のミニキュウリの千成を選んだというしだい。うーん、新しい冒険をするチャンスを逃したかも。
でも、考えてみれば、どこのどんな種でもうまくいくやらいかないやら、やってみなければわからんのでした。
種を買うっていうのは、いつだって冒険、博打なのかも。

 数日後。種が届きましたので、種まき~♪

それぞれ失敗を考えて余分に1粒多くまきました。
ん? 4株全部育っちゃったら、ど、どうしよう。


【おまけの話し】
 種の送り状をながめていたら、おもしろいことが一つありました。
商品の詳細の欄の【種子】のところに「約8粒」って書いてあるのです。この「約」って…。

8粒ちょうど入ってないかもしれないってことかしら?
たとえば7粒だとか? それとも9粒だったりするのかなあ?

じっさいには、千成には9粒はいっておりました。
ちなみに、シャキットのほうは「17粒」と書いてあったけど、19粒入りでした。
どちらも、表示より多く入っているのです。どうしてだろう。

 最初、この「約」という表示を見たとき、なんか妙だぞと思ったのです。
100粒もあるような種なら「約100粒」と表示されていても、そりゃあそうだ、100も数えるのなんて大変だから「約」って書いてあってあたりまえだよなあだけど、たった8粒なのに「約」だもん。

でも、種の数を数えてみたら表示より多く入っているのを知り、ひょっとして、運搬の際の破損を考えてのことだろうか、と予想しています。破損するのは1個かもしれないし、2個かもしれない。だから手元に届いたとき、たしかに「8個」とはいかないかもしれない。だからあらかじめ余分をいれておいて「約」がついているのではないかと。
してみると、日光種苗さんのこの「約」は、じつに正直な表示をなさってるんじゃないかなあと思っているしだいです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : キュウリ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 発芽率を考慮してのことではないでしょうか

  • すーよーさん

    あ、これ、皮が柔らかくてお漬物にいいやつですね。うちの家族も最近、なぜか「しば漬け」にはまってまして、作るきゅうりの候補に挙がってたんですが、今年はじばいにしようと思ってたんで、結局見送りました。
    皮は柔らかいんですが、その分とげは結構ごついですよ。収穫の時にお気を付けください。

  • ありがとうございます

    お、なるほど、発芽率! 種も生き物ですもんね。すべて元気ってわけにはいかないでしょう。
    お教えいただきありがとうございます。

    それにしても、種袋っておもしろいなあと思っております。
    チコリの種袋には6000粒も入っていると書いてあり、さすがに数は数えませんでした。でも、つい全部の重さをはかってみたりして…。

  • もん さんへ

    「しば漬け」も四葉のキュウリで作るんでしたか。あのこりこり感はキュウリの種類からくる味だったんですね。なるほど。
    えっ、もしや、もんさん、しば漬けそのものもお手作りなさるの?! す、すごい。
    美味しそうだなあ。うん、とりたてならばなおのこと、ぜったい美味しいにちがいありません。

    でも今年は、じばいになさるんですね。ひろーい地面いっぱいに、でっかくて旨いキュウリがドーンとね。
    キュウリも、ほとんどなまでしか食べていません。お料理を知らんのです。
    だから、もんさんのお料理を拝見するのが楽しみ。まねして作れるようになる、と思いたいわたしです。わはは。

    あ、四葉はとげがごついんでしたか。こりゃあバラ剪定用のグローブが欲しくなっちゃうなあ。(それほど収量があればうれしいんですねどね。)

Home Home | Top Top