種から栽培のトマト:コストルートジェノベーゼが回復

2014.05.24 19:01 | EDIT

 ベランダのトマトがあ…。(撮影:5/19)


天井に設置されたエアコンの室外機の高さに達しておるしだい。


でもそれも3日後の22日には、さらに上へ上へ。

緑のカーテンといいますか、ところどころすき間があるから、緑の暖簾ってとこでしょうか。

実のほうもそれぞれ大きくなりつつあります。ことに、この間まで花は咲けども落ちてしまっていたコストルートジェノベーゼにようやくそれらしき姿がお目もじそうろう。こちらは土栽培の株。

こんなに小さくても、すでにプリーツができてるんだなあ。

房全体では、左から2つめまでに実がついていました。やれやれ、ふーです。

このところの気温の上昇が回復させたんでしょうかねえ。

全身を見ると、枝葉がずいぶん広がってきています。なるほど大きなトマトになる品種なんだなあと感じます。。


でも、そうなりますと、コストルートジェノベーゼの保険用に、脇芽をとって挿し芽にしていた株というのが気になるわけでして。
こちら水耕栽培の2株。


花も咲いてました。

こんなに下の根元のところにまで花をつけてるわ。挿し芽って、なんかお得な感じ。
あ、喜んでる場合じゃないのかな。

まだ他に土栽培の2株もあるんでした。

もう鉢底から根が出てました。植えかえせにゃあ。

うーむ。いかがいたそう。むげにはできませんぞ。
ま、せっかくこんな前途有望株に育ってくだすったんですものね、しっかりお育て申し上げねばなりますまい。
ええいっ、ベランダいっぱい、ジャングルトマト大帝にしてさしあげようじゃないのさっ。

【追記】
コストルートジェノベーゼの種は、水耕菜園のruneさんからいただいた種です。おかげさんで実がつきましたあ。どうぞご安心くだされたし。美味なるトマトソースへの道に一歩前進♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード