• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2014/05/25(Sun)

種から栽培のトマト:憎まれっ子?

 うちで育っているトマトのうち、どうも悪役群団に分類できそうなトマトが2種あるんでございます。

ひとつは、名前からしてブラックゼブラ。これはその土栽培株。

緑色の濃淡ゼブラが顕著になってまいりました。

一方、水耕栽培の実の色はいたって穏やかなようですが、一房の数の多さに不気味な予感。

むむっ、一番奥のやつがすでに色づいてる。

近づいてみた。

こ、これがデスピサロ、じゃなかったブラックゼブラの本体か。緑色がうっすら透けたように見えてます。茶色と緑だなんてねえ。こんなのがはたして美味しいんだろうか? 衝動買いの品種なので、自信度ゼロです。


 もう一組の悪役群団は、パープルロシアン。その水耕栽培株です。

上の写真は一房ではなく、3房ぶんがまとまって映ってるところ。

可愛らしいイチゴ型があるかと思えば、なんていうんでしょうかねえ、これ。

ゾウさん?

くちばし型もあります。


土栽培の株には烏帽子も登場。

べつに変なやつではなく、たぶんこれがパープルロシアンの典型的な形なんでしょうね。でも、この烏帽子タイプは少なくて、イチゴ型が半分くらい、丸いのが2割、エレファントマンが2割くらいって感じです。

このブラックゼブラとパープルロシアンはともに、実のつきがいいようです。枝葉もブラックは幹が太くがっちりだし、パープルの幹はやけに細いんだけどしなやかで折れません。こうも頑丈なところがますます怪しい。
どうかおいしくなくてもいいから、まずくない程度であってほしいです。

 閑話休題。美人系のトマトでお口直しをしていただきましょう。

スーパースノウホワイトです。

土栽培株なんですが、ほんにまあ色白なことで。

水耕栽培組のほうは、ちと緑っぽいかな。


この美形トマトは、水耕菜園のruneさんからいただいた種です。これ食べたら色白美人になれそう。うふっ。


【おまけの話し】
ご近所散歩の途中で赤い実を採集。たぶんクサイゴではないでしょうか。

ついでにひろったのがサクランボ。上の2個はイトザクラので、下のはオオシマザクラのものです。こちらは木に名札がついていたのでまちがいないでしょう。
クサイチゴは、もっともっとたくさんあったんだけど、長靴と命綱がないととれないような崖っぷちにあったんです。草丈は20センチたらず。イチゴの葉っぱのほうが目立って実が見えにくいんだけど、1個見つけたらあたり一面クサイチゴだらけ。そんな場所が2カ所もあったんです。まだだれも知らないかもしれない。もっととりたかったなあ。今度は、長靴はいていこうかしら…。
イトザクラの実はやや渋いけどいける味でした。イチゴはあま~い。やっぱり長靴だな、うん。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : トマト |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 黒いシマウマ?(笑)
    それにしても、たわわに実ったトマトの景色はいいもんですなぁ(^。^)
    魅力的な品種ばかり、品評会レポ楽しみにしてます(^◇^)

  • v-22皆さんトマト上手なお宅は、早いですねぇ
    我が家は買え得てきた苗で、やっと形になってきたところです
    日当たりもいま一つなんで仕方がないのですが・・・

    赤い実はいいですね、かわいい

  • 葉っぱさん へ

    葉っぱさんのところは、苗もいろんな種類があっていいなあと拝見しております。
    しかも丈夫そうなりっぱな苗。今年もなんだかたのしそうなお野菜がならんでいらっしゃいますね。
    キュウリにおナスにミニトマトにゴーヤ。
    もう収穫がはじまったみたいで、これからさらに大きくなりそうですね。

    うちのベランダは今、ほとんど日射しが入らなくなりました。もうじき収穫もそこそこで終わって、真夏のベランダはトマトがなくなり、しーんと静かになることでしょう。
    でも、葉っぱさんのまねをして、苗を物干し竿につるしたら日射しを補えるかもしれないと思い直してます。
    よーし、なにかまた育ててみよーっと。
    とりあえず、今からトマトの挿し芽を作っておこうと思います。なんでも挿し芽にするって技もそういえば、葉っぱさんから教わったんでした。うふっ♪

  • bigtomato さんへ

    黒いシマウマですか。ふえーっ、なんて楽しい!
    当方のベランダが、そんな賑やかなサバンナでしたらいいですねえ。
    あ、真夏のベランダ温度温だけはりっぱに高いです。

    それにしましてもbigtomatoさん、トマトがほんとにお好きなのだと推察いたしております。
    おお、お名前もトマトさんでした。

    「品評会レポ」ができますほどに収穫できたらうれしいんですが。
    B級だかC級だか、どんなお味になりますやら。おそろしゅうございます。激マズだったりして…。

Home Home | Top Top