園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バジルとシソ:お育ち季節到来

 今年初めてのバジルとシソの種まきは、たしか4月初め頃だったと思います。(撮影:4/15)

発芽はわりあいすぐだったけど、それからが長かった…。

1ヶ月ほどでようやくこんな感じでございました。(5/17)

葉があちこち傷んでるなあ。ハダニの仕業かと思います。

パープルのほうが傷みは少ないみたい。



そして、種まきから約2ヶ月近くたち、ようやく葉が数枚増えました。(5/26)


パープルは茎が細く、手で支えていないとまっすぐたてませーん。
 

シソは、この一株のみ生存。4月の種まきはなかなかにむずかしい。



 さて一方、こちらは第2弾のバジルとシソ。5月の始めごろに種まきしました。いたって元気元気。(5/26)


やたら大きな葉になるバジルのボロッソ・ナポリターノ。葉っぱがでこぼこフリルになっているのもあります。


これは、マルセイユ。小ぶりな葉でこんもりと茂ります。葉の大きさはこれくらいのほうが使い道があるなあ。


パープルのバジル。暑いと色がとんじゃうけど、今はまだ健在みたい。


そして、青ジソがこれまたよく茂ってます。

暖かくなればこんなに楽に育つんだなあ、バジルもシソも。あわてて4月に種まきすることもなかったかもだわ。
 さてと、次のお悩みは水耕栽培でいこうか、土栽培にしようかです。どちらがうまくいくんでしょう。
真夏は、南向きの当ベランダに日射しがほとんど入らないので、どちらにしても苦戦しそうではあります。
そうだ。2リットルのペットボトル水耕栽培ならフェンスにくくりつけられるので、いくぶんましかもしれません。それでいこうかなあ…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| シソとバジルとパセリ | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/818-f3546d62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT