• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2014/05/31(Sat)

種から栽培のイチゴ:何度めかの「四季なり」に挑戦じゃ

 ベランダで果物がとれたらいいなあ。ほんのちょっとでいいからさ。そう思い焦がれ、またしてもイチゴに手をだしてしまった。つい一昨年だって3株1800円もする苗を買い、実ることなく撃沈させてしまった前科があるというのに。
いいえ、今度は前回とはちょっとちがうんでございます。この前は苗だったけど、今度は種から始めるんだから、きっとうまくいくはずなんです。苗は、手元に届いたとき、育った環境が急に変わってしまってうまくいかないことがあるかもしれません。でも種なら生まれたときからその土地の環境なわけで、ゆっくりじっくりなじんで育っていくんだもの、きっとうまくいくんじゃないでしょうか。

…はたして、どうなんですかねえ。ま、やってみようじゃあ~りませんか。
というわけで、Amazonで買っちゃいました、四季なりイチゴ。(販売:岩崎園芸ネットストア/約100粒入り/306円/配送料:82円)

あれえ? この四季なりイチゴのパッケージには、他に名前らしきものがみあたりません。「四季なり」って、たしか実のつきかたに対してつけられた呼び方だと思うんだけど。「あまごこち」とか「夏姫」みたいな商品名はついてないのかなあ。「バラ科/オランダイチゴ属」とは書いてあるんだけど。
ふーん、そういう種袋の記載の仕方があるのかもしれませんね。そういや、シソには「青ジソ」としか書いてない袋もあるくらいですもん。
なお、この種の原産地はイタリアだそうで。イタリアのFRANCHI社(タネの解説は、ナチュラルハーベストさんのを拝見いたしました)の種と同じもので、今回購入したのはその少量袋のようです。

ささっ、ともあれ種まきしなくっちゃ。(撮影:5/31)

ちっちゃいねえ。ということは、できるイチゴもそうとう小粒ってことかしらあ? ちょっとさみしいかも。それなら数で勝負。どうか、たくさんなっておくんなさいましよ。
いやそれよりもまず、うまく発芽できるんだろか。スポンジの上じゃまずかったかも。発根してもスポンジを通り抜けられないかもだわ。

ああそれにしましても、収穫が待ち遠しい限りです。早くても来年ですもんね。
それまでは、ご近所散歩で手に入れられるこの野イチゴでまにあわせることにいたしましょう。
これは昨日の収穫物。けっこうどっさり。うれしいですな。ヨーグルトに入れると、ぐっと美味しさがまします。

ところがです。きょうも同じコースを歩いたのに、もうほとんどみあたらなくなっていました。野イチゴの季節が終わったのでしょうか。それとも、私が、ぜ、ぜ、全部摘み取ってしまったとか?
そんなあ。この前まではまだ残ってたもん、青いのが。
ほんのいっときなんですねえ、自然のイチゴが食べられるのって。
どうもごちそうさまでした。来年も期待してまっせ!

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : 四季なりイチゴ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • イチゴを種からってスゴイです!
    上手く育つと良いですね。

    我が家の四季なりイチゴは、秋にruneさんからいただいた株なのですが、今ようやく花が咲いています。
    実るといいなぁ。

    そして、うわぁ、野いちご美味しそう♪

  • yaefit1500 さんへ

    そうそう、yaefit1500さんのところの四季なりイチゴ。おみごとです!
    もうお花ざかりなんですね。こっそり拝見しては、憧れておりました |_-。) ポッ
    runeさんのところもイチゴ上手さんですし♪
    私も遅ればせながら、お二人についていきとうございます(笑)

    いやあ、種からって…。じつはもうすでに後悔しつつあります。発芽する姿を観察しようにも、種があまりに小さすぎてなかなかみえんのです。虫眼鏡を駆使して見つめているのですが、いまだ発根の音沙汰もなく。
    長すぎる春にしびれをきらし、結局苗に変更したりして(笑)

    野イチゴ。はい、もうとても美味しかったです。
    ごく近くにそんなのが生えている藪といいますか、遊歩道みたいなのがあるで、ありがたいです。
    そして、なぜか野イチゴと一緒にヘビイチゴも生えていて紛らわしく、しかもときどきその散歩道に、本家の蛇どのもお出ましになるので慌てます(汗)

Home Home | Top Top