• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2014/06/08(Sun)

種から栽培のトマト:ブッラクゼブラの実の大きさ

 梅雨入りしたそうで、ざんざか降っています。こんな雨でも収穫がありました。まだとるには早すぎたものもあります。翌日は早出で帰宅が遅くなるかもしれず、きょうのうちにと早めにもいでしまったので。(撮影:6/6)

茶色がパープルロシアン、黄色はスーパースノウホワイト、赤がフルティカ。
3者3様、振れ幅の大きい味のちがいがあり、話題に困らん味わいです。

ときに、このブラックゼブラというトマトは、1個だけ味見はしたものの、その後とんと音沙汰かなかったんですが、ようやく色づいてきました。これは水耕栽培の株。(6/6)

うちでは、水耕栽培株だとゼブラ柄がぼんやりするみたい。

しかも大きさがまちまち。実のなりくちじゃなくて下のほうが大きいという現象がみられます。

ブドウの房などは、尻尾よりも茎に近いほうが大きくておいしかったりすると思うんですがねえ。この実の場合は…、ま、まずいのかも?。

土栽培の株はどうなっているのだろう?
これはその1段目。

右下にはやけに小さいのがあるけど、あとの3個は大きいです。

2段目。

これも下の2個が大きいよなあ。

3段目と4段目は、まだまばらな実のつきかたなので、なんともいえません。

5段目。

これは普通になりくちが大きいかな。
ふーん、こうしてみると、土栽培のブラックゼブラもおおむね下の方の実がおおきくなる傾向にあるといっていいのかしらね。まあ、だからなんだ、ではありますが。なりくちと下のとで、味に変化があるやらないやら、気になるところです。

 本日は8日。雨続きの3日目になります。水耕の株の実が、だいぶ赤くなりました。


うれしいのはうれしいのだが、昨日、仕事先の近くのコンビニで買ったミディトマトなるものがめちゃおいしかったんですよ。

1個約50グラムのこんなのが5個入って、たったの108円でした。うっ…。
「そうだ、ちまちま作ってる場合じゃない。これからはコンビニでトマトかうぞー!」。
とまあ、とりあえず言ってみました。へこみますわ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : トマト |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • いやいや、愛情かけて育てた分だけ、おいしくなる…はず…。
    でも私も、せっかく頑張って育てた作物が、口に入る前に害虫や鳥たちに味見されるとへこみますわ……。

  • あっ、言っちゃいましたね。

    最近は、できるだけお店にない品種を選ぶようにしてます。
    比べようがないように_(^^;)ゞ

    趣味、趣味・・場合によっては元がとれちゃうこともあるけど趣味だから、こだわらない(ウソつきw)・・・と言い聞かせながら。
    でも、収穫できたら、やっぱりうれしいですもんね(^^)

  • もん さんへ

    そうでした、そうでした、愛情いっぱいの味ってのがあることを忘れるところでした。
    この一点が、もっかのこころの支えでります。
    もんさん、ありがとうございます。

    それにしても、ほんと、虫やら鳥やらに食べられるのって、もうガックリしますなあ。
    今朝も、赤くなりかけたトマトにヒヨドリが来てたので、「こぉら~あ~!! ε=ε=(#`皿´)」と叫んで追い払いました。逃げながらキーキー鳴き声をあげていたので、きっと「ここんち、怖いおばはん、おるで~」とか言ってびびってそうな気が。
    いえいえ、なんのなんの、その後も何度もベランダに襲撃かけて来るという、もうすっかり舐められてます。
    ああ、自然はキビシイなあ、です(笑)

  • いずみ さんへ

    しまった、いずみさんに聞こえちゃいましたか。いかんなあ(^^;)ゞ

    なーるほど! 「お店にない品種を選ぶ」っていいですね。食べたことがない品種も、自分で育てたら食べてみられるんですもんね。
    食べるどころか、実物を見たこともない品種だったりしたら、そりゃあもう何が出てくるやら。大きさも手触りも育ってみないとわからないわけで。ドキドキ・ワクワク未知の世界ってわけですね。

    では、私もまねさせていただこうっと♪
    いざ、見知らぬ品種を探して、ネット検索の旅に出るのじゃあ! です。

    あ、うちでは今年もすでに、ピンクエッグが実をつけ始めているのでした。
    いずみさんのくださった種のおかげで、こんな珍しいトマトが育っています。おもしろい姿で。
    うん、これは売ってない姿です。やっぱり、これからもやりますかね、野菜栽培。

    と、そんな新たな決意をしておる矢先、本日、相方がおつかいに行ってトマトを買ってきおった。
    「安かったし」「新鮮そうだったし」とか申して。うちでもトマトは一応収穫しつつあるんですけどねえ、と釘を刺しておいたが、頂いてみたらこれがやっぱり美味しいのです。また買って来てね、と申しておきました。
    ああ、こんな攻防のくり返しなんですね、人生って(笑)

Home Home | Top Top