種から栽培のナス「黒福」:支柱を立てられる喜び

2014.06.15 11:25 | EDIT

 種まきは4月8日。だいぶ遅くなってしまいました。暖かくなっていくとはいえ、それから2ヶ月になろうかという5月末になっても遅々として進まず。(撮影:5/26)

細い茎を支えるべく、竹串をころがしておきました。これでも一応「支柱」と呼んでおります。ちょいとみたところ、「お椀の舟と箸の櫂」みたいだわ。
一寸法師は強いけど、こちらはたいそう弱っちくて、アブラムシにやられっぱなし。セロテープで取ろうとすると本体まで折ってしまいかねず、ひたすら指先ではがしとるしかありません。疲れますがな。

6月3日。なにやら急に育ちが早くなったような? もう、竹串支柱をはずしても大丈夫かな。


6月9日。いよっ、真打ち! …にはまだ早いか。

黒福の種をくださった、いずみのベランダ水耕覚書のいずみさん、ご安心くだされたし。どうやらいけそうです。

6月14日。雨続きの日々で徒長気味。風で倒されるので、再び支柱のおでまし。

今度は竹のお菜箸。でも1本足りないから金属ので代用しましたが、これはちょっとすべりおちやすいのがたまにきず。支柱は竹製品がおさまりがいいようです。

そうそう、竹製品といえば、ぽたぽたもんばたけのもんさんは、トマトの棚を作るのに竹箒の柄をお使いになっていらっしゃいました。(ブログ記事「トマト棚を作る」より。)
それがじつにガッシリして丈夫そうなんです。竹箒、いいなあ。買っちゃおうかしら。(それにはまず、お掃除するお庭つきのお家を手に入れるのが先でしょうな。あ、お掃除をきちんとする習慣も身につけなくちゃだわ。)


 お散歩してるとき。ご近所さんのお庭のナスを見つけ、「あ、左はじにあるやつ、昨日まであったのに、ないっ。食べたんだ。いいなあ」なーんて、うらやましがったりなんかして。そのうち、スーパーで一山いくらで並ぶんだよなあ。きっとその頃、うちのナスはようやっと実がなるに相違ない。あ、それどころか雪降る季節だったりして…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - ナス
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード