園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

珍しくホタルブクロとドクダミの花をめでる

 雨続きの日だった。傘を差して散歩の道すがら、珍しく花なんぞをつんできてしまった。木の実や草の実はひろっても、花をつんだりすることはめったにないのだか。
家にもどり、とりあえず、ありあわせのビンにほうりこみ、いつになくしげしげと眺める。(撮影:6/11)

これは、ホタルブクロとドクダミだな。うんうん、これくらいは知ってるぞ。
ドクダミの花の白さがきわだち、葉は雨のせいかつやつや。おや、ホタルブクロって紫色だったっけ? 白かったような気がするが。こういう色のものもあるんだろうか。

3日後の朝。(6/14)

最初の1輪は散り、2輪が一緒に咲いていた。ドクダミの葉につやつやの輝きが感じられないのは、雨が乾いてしまったせいだろうか。花はまだきりりと白い。

4日後。快晴の朝。(6/15)

ホタルの3輪めが、ぼちぼち咲きそう。
ドクダミの真ん中が、つんつん。とがってきた。
実はどこにできるんだろう。

どれどれ。

たぶん、黄色い点々の1個1個が雄しべで、うす黄緑色の棒みたいなやつが雌しべじゃないだろうか。だとすれば、この細い棒そのものが実になるのかも。タネはその実の中か。もしくは、イチゴのように表面にくっついてできるのだろうか。

 あ、いえね、実を食べるとか、タネをとろうってんじゃありませんよ。ただちょっと、のぞいてみてるだけですんで。そうそう、せっかくだから、もうしばらく眺めていようかな。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/833-9d2fa050

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT