タネから栽培のトマト「フルティカ」:ねらいめは、株のどのあたり?

2014.06.17 17:04 | EDIT

 トマトの実が大きくてたくさんつくのは、株のどのあたりなのでしょう? 一番下の段でしょうか、中段でしょうか、それよりも上のほうでしょうか。
そんなことをあまり考えたこともなかったのですが、たまたまベランダに鳥がやってきたことで、にわかに興味がわきました。

 先日、いつになく甲高いヒヨドリの声がしたのでベランダをのぞきに行ったら、案のじょう、フェンスの手すり付近にとまってトマトのフルティカを狙っていたのでした。(撮影:6/12)

もちろん、「こらーーーーっ!!」と叫んでおきましたとも。狙われた赤い実もすぐさま収穫。やったー、ヒヨに勝ったぜ。ひとまず安堵。

この日・12日の戦利品。(赤がフルティカ、左の急須がパープルロシアン、黄色はスーパースノウホワイト。)


 それにしても、どうして今頃になってヒヨはベランダに通ってくるんだろう、と思うんですわ。だって、トマトを収穫し始めたのはずっと前からですもん。もっと早くから来ていてもおかしくはないのです。いえ、べつに来てほしいわけではないのですが。

はは~ん、理由はフェンスの手すりの高さだな。ヤツが止まれる手すりの高さに、ちょどよくトマトができたことが訪問開始のきっかけになったに相違ない。

あらためて手すり付近を見てみると、狙われた上の写真のほかにもお手頃な実ができつつありました。
この水耕栽培の7段目なんて、テーブルの上に、どうぞ召し上がれっておいてあるようなもんですわなあ。


ん?しまった!撮影に夢中で、実、落としてしまったがな。に、に、2個も。

もったいなあ。当ベランダ一番の稼ぎ頭なのに~~っ。珍しく大きい実だったのに…。(タネは、ベランダ水耕菜園のruneさんより頂戴のお品です。)

ん? そういえば、その上の8段とか9段にも大きいのが目につきます。実の数もたくさんだし。

ひょっとして、下のほうの段よりも中くらいから上のほうが実の数が多くなったり、大きくなったりしているんでしょうか?

どれどれ、フルティカのもう一つの株(土栽培)ものぞいてみようじゃないの。
手すりよりは20センチくらい下。4段と5段めです。

ここもたくさんできてるなあ。

実の大きさはどうだろう。

小さいのもあるけど、3センチ以上のもいつくかありそうです。

その上の6段めはいかがなるや。

おっ、あるある、大きめのが。いかんなあ、ここは手すりの真横。危険ゾーンです。

では、さらに上の7段め。ここにも大きめサイズあり。

ふうん、知りませなんだ。私、なんとなく実というのは下の段のほうが大きくてたくさんできるような気がしていたのですがねえ。根に近いから栄養がゆきわたるだろうし、と思って。
でも、うちのフルティカは、4段、5段あたりから上のほうが充実しているみたいです。

そして、その充実してる食べ頃の実の段が、ちょうどわがやのフェンスの手すり付近ゆえ、ヒヨドリもおでましになったってことでしょうかね。
よおしっ。では、ヒヨドリに先をこされぬうちに頂こうではないか。これは17日の収穫のぶんであります。

そのためには、うんと早起きしないといけませんわ。眠うございます…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(8) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

動物のチェック

動物のチェックは人間より厳しくて、毎日見回りながら食べごろを観察してるらしいですよ。
うちもたぶんハクビシンが今日もきゅうりをかじっていきました。
そんな動物の裏をかくべく、ニンニクやら唐辛子やらゲリラ的に植えてます。でも、鳥ってあんまり辛いの判らないらしいですね。視覚に訴える方法をなんか考えないとな。

もん | 2014.06.18(Wed) 15:23:04 | URL | EDIT

確かに足場がしっかりしてる場所の実がやられますよねぇ・・・ホバリングしながらは無理みたいです、鳥も。

それにしてもフルティカ、見事に豊作ですね(゜o゜)
フルティカって中玉なのにミニよりも皮が薄い感じで
美味しいし、コレが豊作ってのは最高ですね!

スーパースノウホワイトは透明感のあるイエローが
なんともそそりますけど、お味はどんなでしょ?

bigtomato | 2014.06.18(Wed) 23:25:53 | URL | EDIT

もん さんへ

うへっ、動物は毎日見回りにお越しになっているとは。
どうりで、毎朝決まった時間にヒヨドリの鳴き声がしていたわけだ、と合点がいきました。

そういえば、うちに来るヒヨドリはまず、ベランダの向かいの木に止まって鳴き、それからベランダに来てひと
鳴きします。黙ってやってきてこっそり食べていきそうなもんなのに。
あれは、仲間に「食べ物発見! ここんちのおばさん、ぼーっとしてるやつだから今がチャンス!」とでも知ら
せているんじゃないかと思ったりしています。

視覚に訴える方法! やっぱ、案山子とか、CDのキラキラとか、目玉が描いてあるやつとかかしら。
人間も賢くならねば、お勉強しなくっちゃ、ですね。

もんさんはハクビシンとVSでしたか。大物だあ。
ニンニクと唐辛子のゲリラ作戦。なーるほど。敵を追いやるだけじゃなくて、ちゃーんと人間が食べられるもの
をお植えになってる。なるほどなるほど。

ともこ | 2014.06.19(Thu) 10:46:09 | URL | EDIT

bigtomato さんへ

bigtomatoさんのブログで拝見したフルティカは、つやっつやでぷっくり。じつにじつに美味しそうです。
しっかり育てたら、あんなふうにほんとの中玉サイズになるんだなあと見つめております。

そうそう、フルティカは小粒だもお味がでるんだなあと感じます。ほんにいい品種ができてありがたいことです。

スーパースノウホワイトですが、口に入れた瞬間、ふわーっとした甘さが広がります。でも、その甘い感じはずっと続かず、ほどなく消えていきます。うまくいえんのですが、爽やかといいますか、さっぱりといいますか。それこそ、bigtomatoさんのところの糖度計で検査したら、甘さ具合がわかることでしょう。
(私のあてにならない舌先三寸の糖度計によりますれば、糖度5とか6あたりかと。)

なお、わがやではスーパースノウホワイトも人気品種でして、フルティカとともに取り合いになっております。
それに、遠慮して残りがちの品種が一つ(「パ」がつく品種が)あるもんですから、フルティカとスノウホワイトの存在がとっても大きい。おやつになるトマト。うれしいです。

ともこ | 2014.06.19(Thu) 11:33:48 | URL | EDIT

トリコロールトマト!
今年も上手に育てられているようで
羨ましい限りです。

とりんこは狙われると厄介ですよねえ。
ウチはお猫様が徘徊するためかあまり狙われないのですが、たまに狙われます。
そんなときは100均の鳥よけカラス君(鷹らしいのですが
真っ黒なのでカラスにしか見えません)をぶら下げています。
意外と効果があるみたいですよ。

rune | 2014.06.19(Thu) 21:49:46 | URL | EDIT

とっても色合いのいい収穫ですね♪♪♪

そして、たくさんの実が生っていてステキです。

わたしも来年は、もうちょっとバランスの良い色選びをしなくっちゃ・・・汗;

yaefit1500 | 2014.06.20(Fri) 00:11:32 | URL | EDIT

rune さんへ

runeさんのところは、お猫様がパトロール隊をなさってるんでしたか。いいなあ、感心感心。
ああ、猫の手も借りたい…。

なになに、100均のカラスをご利用なさってるとのこと。急ぎ、検索してみました。なんとまあみごとなカラスっぷり。空気を吹き込んで使うビニール製のもののようですが、濡れ羽色の艶も感じられるそっくりさんとお見受けいたしました。ぜひとも手に入れたいです。
ありがとうございます、runeさん!

ともこ | 2014.06.20(Fri) 11:20:30 | URL | EDIT

yaefit1500 さんへ

ほんと、美人トマトのおかげさんです。
発色のいい赤のフルティカも薄い黄色のスーパースノウホワイトも、タネをくださったruneさんのおかげです。
ピンクエッグはいずみさんですし。
しかもいずれも美味しいのです。ありがたや♪

今年、わたしの衝動買いしたやつは…。何も申せません。
自分にはタネ選択眼がない、という自信がついたことは確かです。

先日、runeさんから去年いただいたショコラとチェロキーチョコレートのタネをまきました。
yaefit1500さんのところでもショコラを育てていらっしゃるので、だいぶ遅ればせながらあやかりたいなあと思いまして・・・汗;

ともこ | 2014.06.20(Fri) 11:41:15 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード