タネから栽培のトマト「タイピンクエッグ」:あれよあれよと

2014.06.19 16:53 | EDIT

 ほかのトマトより4ヶ月遅く、3月18日に種まきしたタイピンクエッグ。これがまあ生長が早いのなんの。
5月の始め頃にはまだ10センチくらいの苗だったのが、その1ヶ月後には一丁前の株に。(撮影:6/9)


花盛りです。(6/9)


数日後には、実がついて。(6/11)


1週間で、ぷりっとエッグ型。(6/18)

いずれ、白からピンク色の外灯みたいないでたちになる、はず。

この去年のような実↓になっていただくのが、もっかの希望です。(撮影:2013年6月22日)

そうそう。この株からとったタネで、今年は栽培しています。

 それにしても、両隣のトマトはごつい茎と濃い緑のいかつい葉っぱなのに、タイピンクエッグときたらか細くて、背丈は60センチくらいだし、茎は1センチもありゃしない。いったいどこにそんな勢いがあるのやら。(6/19)

タイのトマトだそうですが、梅雨時の気候がよほど合っているんでしょうねえ。

でもでもです。去年はその後、収穫がはじまった頃に、恐怖のトマトサビダニとやらに襲われ、タイピンクのみならずトマト全滅の憂き目におうてますのじゃ。安心は禁物。心してかからねば。
と申しましても、なるようにしかならんでしょう。いいもーん、そうなったらナスとピーマンに期待するんだもん。あ、まだ背丈が15センチほどもないちび苗ですけど…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

おお、いい感じに育っておりますな。
あれあれ?ウチのピンクエッグは種播きは1月なのにもっと小さいですよ。
やっとっ花が咲き始めた感じです。
ウチのもいずみさんからyaeさんを経由し手頂いた種なので、
ともこさんのところとも親戚ですね。
がんばって子孫を残して拡散しますぞ~(笑

rune | 2014.06.19(Thu) 21:37:11 | URL | EDIT

rune さんへ

ほんとに大きくなっただろうかと、今あらためてピンクエッグをのぞいてみましたらば、茎と茎の間がながーーかったです。徒長ぎみでした。なーんだ、です。

runeさんのところも、あの由緒あるピンクエッグ家系でいらっしゃいましたか。
やあやあ、どんどん拡散してますねえ。人気品種だあ。

ピンクエッグは今年、ご近所さんに苗をさし上げました。来年は岩手の実家の母のところにも送ろうと思ってます。
いつだったかruneさんが、ナスの栽培をなさっていたときだったでしょうか。
「ゴミ箱サイズで育てられるのいいです」とおっしゃっておいでで、その通りだなあと思います。
このピンクエッグは背丈が大きくなりすぎず、ちょうどいい大きさなところもうれしいです。
もちろん美人さんトマト。うふっ、おたのしみ~♪ですね。

ともこ | 2014.06.20(Fri) 11:09:05 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード