タネから栽培のトマト「ブラックゼブラ」:味って変わるんだ

2014.06.23 16:29 | EDIT

 収穫です。(撮影:6/22)

黄色がスーパースノウホワイト、小ぶりな赤がフルティカ、茶色がパープルロシアン、朱色のような大きめのがブラックゼブラ。

この中で、とっても気になるのがブラックゼブラ。水耕栽培の実。

ネットで見る色は、茶色と緑のゼブラなんだけど、これは赤味が強くて緑が薄いみたい。うっ、もしやお味も薄味だったりして。

断面はどんなだろう。

タネやとろりとしたジュース部分はほとんどないようです。

いざ試食。んっ、おいしい。おだしの味。旨み味がします。よかった~、ハラハラしてましたがなもう。じつは、しばらく前に小さいのを一粒食べたときはほとんど味がせず、次の収穫をびびっていたのでした。

さらにさらに、ほとんどなんの味わいもないと思っていたパープルロシアン(上の写真の茶色いトマト)も、本日の実には酸っぱさがあり、甘さも感じられるのです。なーんだ、いけるかもじゃん、これ。「収穫量だけが唯一の魅力だ」なんて、もう申しません。まことに失礼いたしました。

それにしても、いったいどーなってるのやら?
味は、収穫した時期によって変化するということでしょうか?

本日(6/23)の収穫。赤はフルティカ。茶色はパープルロシアン。

黄色のスーパースノウホワイトは、いつになく大きいのがとれました。6段目あたりの実です。
これのお味もぐっとよいです。酸っぱさが加わって、甘味もさらにいい感じ。

 なーんだ、おいしいくなることってあるんだ。たった一度の試食で価値を決めちゃあいかんではないか。
デートも、重ねてこそお相手の魅力が深まるってもんでござんしょう。
トマトといえども、なが~~~くおつき合いしみないとね…てなことを思ったりなんかして。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 果菜類 - トマト
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

>> デートも、重ねてこそお相手の魅力が深まるってもんでござんしょう。
…なぜ、その例え?(爆)

でもそうですねー。トマトって、成長ステージと気温との関係なのか、実の形や味が、どんどん変化していったりしますよね。
水耕だと、特に栄養バランスは変わらないはずですから、トマトが自分で変化してるんですよね。面白いヽ(´▽`)/

Naomi | 2014.06.23(Mon) 17:18:08 | URL | EDIT

こんにちは~

大変ご無沙汰しておりました(>_<)

ホントに珍しいトマトばかりで、目をまん丸くして見ています!

私もトマト大好きで、年中食べていますが、今年こそは沢山収穫したいと2種5本の栽培を始めました♪

次回はともこさんのような黄色いトマトやパープルのトマトを栽培したいと思っています(*^^)v

トマトの味比べによだれが出そうです!

ミーママ | 2014.06.24(Tue) 14:41:32 | URL | EDIT

Naomi さんへ

デートばなしは、あの、その、遠い昔のかすかな記憶でありまして。キーボードを打つ手がすべりました。すみません。

Naomiさんがブログで、冬のトマトがおいしいというお話をなさっておられたことを思い出しました。
記事を拝見したときも、おいしそうだなあって、わくわくしてました。
それがこのたび、自分でトマトの味の変化を体験しちゃったもんだから、「どんなにかおいしいだろう」って、ますます想像がふくらんでます。
秋・冬トマト、やってみようかなあと、思い始めています。
こういうトマトの楽しみかたがあったんですねえ。わあ、おかげさんでたのしいです。

ともこ | 2014.06.24(Tue) 19:50:43 | URL | EDIT

ミーママ さんへ

ややっ、ミーママさんもトマトがお好きでしたか。しかも年中お召しあがりとのこと。こりゃあ、ほんとにお好きでいらっしゃる!
そして、2種5本。トマトの本番はこれからですもんね、どんどこどんと実がつくことでしょう♪

黄色や赤の発色のいいトマトは、タネをいただいたのでまくことができました。
甘くておやつな味でとってもおいしいです。よくできてる品種だなあと感心するばかり。
パープルやゼブラのトマトは、いちかばちか、博打のような買い物でした。
トマトだけでもいろんな種類があるんだなあと思います。

順番に栽培していったら、それこそいろんな栽培ドラマが生まれそうですね。

あ、ミーママさんのおナス、見事に復活なさったようですごいです。
うちには、今育ちが危ういトマトが一株あるんですが、あきらめずに待っていよーっ、って思いました。
ありがとうございます。

ともこ | 2014.06.24(Tue) 20:17:42 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード